万年筆とインク

万年筆へのインク補充方法。コンバータとカートリッジ。

更新日:

ビッグバナー




万年筆へのインク補充方法。

友人を万年筆ユーザーにひきいれてしまったのですが、万年筆ってちょっとだけ知識が必要なんですよね。ほんのちょっとなんだけど、それを説明しなければならない。説明しても忘れるかもしれない。

スポンサーリンク




説明しようとしても、手元にちょうどよくインクとかカートリッジとか持っているとはかぎらないので、友達に説明するためのトリセツ。

IMG_0347

基礎知識

万年筆のインク補充の方法はふたつある。

◯コンバータ
◯カードリッジ(通常、コンバータは別売り)

IMG_0349

カートリッジの場合。

IMG_0354

画像ではインクが入った状態ですが、インクが空になったら万年筆のメーカーでだしているカートリッジを交換してください。

刺し方は簡単。ぐぐっと刺す!それのみ!

同じ色であれば(煮詰まってインクがでないとかは別として)そのまま刺してもらえれば、すぐに使えます。

IMG_0355

カートリッジだと、メーカーがだしている純正の色しか使えないのがネックなのですが、大丈夫。100均いってスポイト買ってきてください。それで移しかえりゃOKな上に、最後までインクを使い切ることができる。

IMG_0356

コンバータの場合

IMG_0361

 はい、インクを吸い上げるところは丸いところですよ!ちゃんとぽちゃっとつけて!!

IMG_0362

 写真を撮り忘れたのですが、この万年筆(ラミー)では赤いとこをまわせば中のポンプの役目のところが上下します。

一番、下の状態にしてつける→逆回しで、インクを吸い上げる

IMG_0363

失敗するときもあります。インク少なくて泡々になったのでやりなおしました。やり直すのも同じ手順で。そして、インクを吸い上げたら手をみましょう。

これが俗にいう「インクあるある」です。これは、勲章です!

IMG_0360

なんで、朝一とかで扱わない方がいいかも。洗ってもなかなかとれないので。風呂入ったらとれます。

コンバータ、カートリッジどちらでもよいかと思います。

お好きなほうをお選びください。只、インクの色を楽しみたければ、はじめはコンバータが楽しいかな。なんか、テンションあがります。

なんですけども、最近は1000円で万年筆が手に入りますので、コンバータとカートリッジの併用が効率的な気がしております。私の場合は、インクをシェアして小瓶でたくさんの色をもっているのですが、インクって最後の方コンバータじゃ吸い上げにくい。なんで、スポイトで移せるカートリッジがあると使い切れるのですよね。

では、万年筆ライフをお楽しみあれ♪

インクはこの色が好きです。「神戸物語」のインク、ゴッホコバルトに恋をして

馬がオススメする使える低価格万年筆

インクをシェアする方法







-万年筆とインク
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.