ブログ運営

100記事到達まで、ブログをまいにち更新する理由。

更新日:

ビッグバナー




なにか、つづけたい。そうおもっても、つづけられない。

そんな、ぼくが眠くてもパソコンにかじりついてブログを更新する理由。

ちなみに、ぼくよりもちょっと後にブログをはじめた友人がいるのですが、ほぼ毎日ブログをUPするぞという記事をかいていました。わたしも、同じテーマで書きたくなったのです。

image-1365x1024

ふつーに働いて、ふつーにお金をもらって、それでも生活はかつかつで。ということは、誰しも経験があるんじゃなかろうか。ない人は、これ読まなくていいから、ぼんぼん金使えばいい。お金は循環させてこそ。多くのお金をもってんだったら、使え、使え。

で、なぜお金の話か?働いた給料にプラスでほかからのお金があれば、安心できる。貯金があれば「これがしたい!」「どうしてもあれがほしい」はたまた、よかった貯金があって。。という状況もできくるでしょう。あった、あったよ!!

そんなに多くなくてもいい、いや。多い方がうれしいけどな!!

それでも毎月、安定して、なんぼかお金がはいってくるシステムを構築することができれば、すこし自由にならないか。お金というより、お金をもっていることで「安心」を手にいれられる。そして、なにか自分が「今はこれに全力で向かっていくときだ」とうおもえるタイミングや、想いにであったとき、お金が足枷になるのは悲しいことだとおもうのです。

そこで、取るべき行動は様々。

スポンサーリンク




1、今の仕事でがんばる

ああ、なつかしい。残業時間100時間の子とかいたなぁ。とある入社2年目の女の子が会社の残業時間トップに踊りでて、けっこうもらっていました。その子は、体がタフな子で、健康診断もなにもひっかからず、それでも残業時間の異常さには不満をもっていたので「せめて、なにかひとつでいいから検診ひっかかれよ!」と騒いでいました。その後、会社から人件費削減で目を付けられて、残業を極力控えさせられるようになり、大変だった。心身ともにタフな人でないと勤まらない。

2、節約

いきすぎた節約、嫌いです。もちろん、アホなお金の使い方はしたくはありませんので、抑えられるところは抑える。定期的に固定費を見直す。一番先に食費をけずる人が多いですし、いいとは思うのですが、食費を削るのって、けっこうストレスな割にそこまで効果が期待できるわけでもないのですよね。あと、体か心のどちらかが疲れていると、節約まで気が回らない。少しでも楽をしたい。

3、別のところで働く

今の仕事が、ほんとうに向いていない。給料が安いのであれば転職も視野に入れるのもよい。会社はなんぼでもある!でも、デメリットもある。うまくみつかるといいけど、一度レールからはずれた人間に社会は冷たい。それでも、自分の好きなこと向いている仕事に就けるのであれば試す価値ありですね。

3、掛け持ち

いましたね。社員として働きながらバイトしている人。「しんどい、しんどい」というてました。掛け持ちをしている知人は「私はいったい何のために働いているのかわからない」と、突如として地元にかえってしまった人もいる。ほとんどの自分の時間をお金に変えてしまってよくわからなくなってしまったようです。

4、働く以外でのお金のはいっているシステムを利用する

はい。一気に巷にあふれる怪しげなサイトっぽくなりましたね!!笑

株とか怖いし、わからんしめんどそう。地主は初期投資がかかりすぎて手が出せない。気軽にはじめられる、アフィリエイトとかアドセンスとかどうよってことです。ちなみに、私の場合の話なので特に勧めるつもりはない。ブロガーのみなさんPVとか開設◯ヶ月で月間いくらくらいの利益でたとかの報告されている方多いので、こちらでも報告はできたらなぁ。とは、思っています。ただ、私の知識が乏しすぎてなにがなんやら、よくわかったないのです。えへへへ。

「ともかく、毎日つづけろ」「100記事に到達するまでは、あらゆる数字を気にせずに書き続けろ」

だいたい本でもネットでも、こういわれていますので、可能性を模索してくぜ。自分がこうだ!と決めたときに、お金の心配をして身動きがとれないなんで悲しいことがないように。

ちゃんと進んでいけるように。そのために、後押ししてくれるモノにこのブログがなってくれればいいなとおもいます。あと、データでここにあるとわかっているので、モノとデータの断捨離しやすくて助かってます。

「記事にしたら、もういいっか。いつか捨てるものだし♪」とゴミ箱にいれられる。うれしい……!!「もう記事にしたからもう消していいよね、このデータ♪」消去!!

断捨離の後押しもしてくれるブログよきかな。笑

資本論をわかりやすく解説した本を読んで生き方を考えてみた
家計簿は、アプリとジブン手帳でログをとる







-ブログ運営
-, ,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.