タスク管理

大きめの付箋での、タスクの時間管理方法

更新日:

ビッグバナー




わたしのタスクの管理方法

書いてしまいたいブログネタがけっこうたまってきているのだけれど、自戒の意味をこめてこれを書いてしまおう!と思いました。いや、いろいろとね。。が、がんばる。

さて、今。がんばると書きましたが、タスク管理や目的達成のために、一番不必要なものです。

淡々と作業をこなすことが物事を終わらせることです。

では、世に出回っているtodo達成や、効率的な方法の共通項をざざっと書きだしますね。

●タスクは細分化

●休憩をはさめ

●なんでもいいから、簡単なことから手をつけろ

●終わったことは、☑️チェックいれるなり、視覚的に達成感を得るようにする

●作業時間を確認して、次回にいかすようにする

●タスクは、スケジュールに落とし込め

●マルチタスクは避ける

要は、こんなかんじのことが、手をかえ品をかえ書かれています。

スポンサーリンク




ネットでも書籍でも同じかんじでしたね。私のやり方も基本はこうです。
なんですけど、人のいっている「こうするいい!」ってのはあくまでもその人が一番やりやすい方法なんです。
だから、ここに私が一番やりやすい効果をだせた方法を書きますが、ググればライフハック系の記事にタスク管理いっぱいでてきますので、何個か試されることをお勧めします。
バーチカルタイプの手帳を愛用していましてジブン手帳を使っています。方眼がとてもかきやすいのです。
なんですが、手帳にはその時間の幅分しかスペースがとられていない。時間は、平等に流れていますが、人の脳の時間って、時間の使い方ってばらつきがあってあたりまえ。
収まりきらないんですよね。

たどり着いたのは、大きめのフセンでした。

フセンでなくてもレシートの裏でも、メモ帳でもノートでも裏紙でもチラシでも。
自分がそこに価値をあまりおいてないものをお勧めする。
高価なものよりも、ぐちゃぐちゃぽいって気兼ねなく捨てられるものですね。

IMG_0512
1、フセンにタスクをできるだけ細かく書く
2、だいたいこれくらいの時間で終わるかな?目安の分数を書いておく
(一時間なら、数字を四角くかこってます)
3、そこから優先順位を適当にきめて、チェック入れるか数字ふったり
(ごめんなさい、これもその時の気分です。わかればOK)
4、作業開始時間を色を変えてかく(一色しかなければ同じ色にしてます。こだわらない)

作業開始

5、ひとつの作業が終わったら、横線をいれて作業の終わりの時間をかく

そして次の作業開始

6、一時間くらい経過したら、休憩をはさむ。

この時の休憩は全力で休憩する。

この休憩の時は本気で作業のことはしない。トイレ行ったり、ぼへーとしたり考えることも「あ、たこ焼たべたい」とかどうでもいいことにする。

そうすると「あんだけ休憩したんだから取り戻さねば」という意識にはなりやすいけど、心理的にも効果的なんだそうです。

こんな感じで頭の整理をかねてやっています。

そういえば、よく作業の終わりの時間を書き忘れるんですが、時間って気づいたらすーぐ過ぎちゃうじゃないですか。書き忘れても最初の作業開始時間だけでも書いていれば「こんなに時間過ぎてる!?うわ、やっべ!!!」という効果が期待できます。

IMG_0511

そして、フセンなので持ち運びも、あら便利。便利な上にみやすい。その上、人からみられたらちょっと恥ずかしい。。早く捨てちまいたいから、ちゃっちゃとやる!!というライフハックもついてくるかも。

文具ピクニックの後半戦テーマは時間管理

やる気スイッチどこにある?心理学的モチベーションの上げ方







-タスク管理
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.