断捨離

断捨離 人からプレゼントされた物の問題

更新日:

ビッグバナー




人からの貰い物どうしてる?

人からもらったものを、どうするか?
部屋にあるもらいものが、お店に置いてあったとして買うか否かで処分するか決める。

1415334653lv6su-601x450

もちろん、実用性がなくとも好きな人からもらったものなら、ちびた鉛筆ひとつでも宝物になり得るのでそれは別枠で。
ただ、恋人からのプレゼントもけっこうやっかいでね。
つきあいが長くなるほど、思い出の品が増えて困る。
別れた人からの自作の歌詞のプレゼントとかいらない(実話。バンドマン)
あのね……捨てちゃえ★
それは、その場所を占有させてもいいほどのモノですか?
全捨てまでいかなくていーよ。後々ばれた時に喧嘩になりそうだし。ただし、もらって速攻捨てるのはまずいので、ちょっと寝かしてから。
厳選して気に入ったものだけを選んで、あとは捨てよう。
でもって、捨てたんか?!と怒る人とは関係を考え直した方がいいかもよ。

断捨離の「断」のススメ

いらないのに…と思っているのにやたらとモノをくれる人には断捨離の「断」をしましょう。捨てるのってエネルギーがいる。

誰々さんがくれたものだから、捨てにくいわ。もしくは、◯◯ちゃんの手づくりのアクセサリーやら、ポーチやら。
その品を使っているなら問題ありません。使っていなくとも「ああ、すてき…!」と思うほどのものであればオッケー。
プレゼントに限っては、自分のために時間をつかって「何をあげたら喜んでくれるだろう」と考えて選んでくれています。もしくは、見た瞬間に「誰々ちゃんが好きそう!」誕生日ちかいし買っとこうというような直感は、ちゃんとお互いの関係性が築かれているから発生するものです。
断捨離は「捨」ばかりが目立って、そのために「捨てるなんてもったいない」「捨てるだけが方法じゃないでしょ!」とかいうアンチが出てくる要因にもなっている(もちろん、余裕がでてくればフリマやヤフオクなど利用していったらいい)。
ですが、声を大にしていいたい。
「捨」は、今の状況を整える手段であって目的ではない。
目的は「離」。
断って、捨てて、俗世の煩わしさから「離れ」て楽に心穏やかに生きていく。それが最終地点です。ま、断捨離があらかた終わっても、常にモノは巡り巡るから終わりはないんだけどね。

人からのもらいもの。
すでに部屋にあるものは、自分が処理しなくちゃ何も変わらない。
これからの貰い物は「断」っていくこともできる。
って、プレゼントを断りまくることを推奨しているわけじゃないからね!

私の実例を上げます。こんな極端な人も珍しいけどね。

とある友人なんですが、いるんですよね。『人にプレゼントすることが好き』な人。
私はあんまり理解できないけど囧rz
会う度に、細々したものをあげるねって渡されてけっこう困っていました。あのね…ラッピングとかされているとそれがちゃんと、時間をかけて選んで頂いたものなのか、単にUFOキャッチャーでとったものを可愛く包装して配布しているものなのかの見分けがつきにくい……!!
ええ、大好きなのですよ。その友人はUFOキャッチャーが。とるのが好きで、攻略したいのですね。で、取るものも本当に欲しいものから、そこそこに欲しいものまで千差万別。
他にも、どこで手に入れてきたのかわからない「そこそこ可愛くて、そこそこ便利そうで、そこそこの値段のもの」を人にあげている。

こういう人は、ものすごくタフです。ものはいらないという意味で「断捨離をしてるんだ」とかいっても、理解してない。理解していても自分があげたいからあげる。それだけなのです。
そんな性格なので、ある時から私がNOを伝えるために「興味ないからいい」とか言いだしてからは「興味ないかもしれないけど、いる?」と聞いてきた!笑
やっぱり強えよ!!タフ過ぎんだろ!そして、会話の中に、モノをあげるあげないの話ではなくとも「興味ないかもしれないけど」がたまに出てきて、罪悪感をゆすります。
もう、それが嫌すぎて(もちろん、それだけじゃないけど)会うのやめようと、ぱったり会わなくなった時もあった。

ちなみに、私だけこんな思いをしているのだろうか…と満身創痍になりながら共通の友人に「あの子からプレゼントよくもらうやん」と、話を振ってみたら断捨離などしていない友人もちょっと迷惑していたことが発覚。
ちょっと安心した。
まだ、私は友人だから大丈夫だけどこれが姑さんとかなら本当に大変だよな…とは思います。なるべく消え物をリクエストするように方向を変えていくように仕向けましょう。が、がんば!!

断捨離のクローゼット編

断捨離の箱と人形編

断捨離の効果のほど編

断捨離モノを売る場合。フリマ、ヤフオク、オフハウス比較。

 







-断捨離
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.