レザークラフト

革の鞄の修理方法。カシメが外れた時。縫いなおす時。

投稿日:

ビッグバナー




鞄をロッカーに引っかけたのが数年前のこと。
ムリに鞄をひっぱったことにより、鞄の飾りをとめていたカシメがとれ、糸が切れてしまった。

ーいつか、買った店にもっていこう。修理してもらおう。

そう、思いながら大した不便も感じなかったので、そのままほっていた。
買ったお店が、よく行く場所にあるならともかく、急ぎでもなかったために、ずっと眠ったままになっていた。

そのうちにレザークラフトにはまり、気づいた。
「自分で直せる」

自分で直した場合と、店に修理を依頼した時の気になるお値段の比較。

これを、買ったお店にもっていけばもしかしたら無料の可能性も一応あるのですが(レシートとか捨ててしまっているのでなんともいえない)、あまりいかない場所なのでめんどうだったため、これに関しては不明です。

一般的な、鞄の修理を行っているお店に依頼した場合。
糸が切れたりして、ほつれ縫いが必要な場合の修理費用は3000円前後らしいです。
カシメがとれた場合の修理料金は、わからないのですが、予想では1000円前後くらいなんですが、どうなんでしょう。

カシメ250円
レザークラフト用の糸300円くらい
レザークラフト用の針400円くらい
下にひくゴム版(小)500円くらい
木槌は家にあったのでプライスレス

やっぱり、自分でやったほうがコスパがいい。

 

カシメは木槌で打つだけ

IMG_9643

いるものは、カシメ、ゴム版、木槌。

IMG_9637

だいたいの感覚でお店で買ってきたところ、サイズミスしました。右が自分で購入したもの。

IMG_9639

だったのですが、多少の大きさが違ってもいけそうです。

IMG_9638

買ってきたカシメをはめ込みます。

IMG_9641

ゴム版を下に敷いたら、木槌で思いっきり打つ!

IMG_9642

念のために、何回かカンカンと叩いたら完成しました。

IMG_9640

切れた糸を縫いなおす方法。

このように、完全に切れてしまいました。とりたてて、これ以上ほつれたりはしなかったのですが、気になって、使うの控えていた。

IMG_9645

丸ギリという、穴をひとつ開けるための道具(千枚通しみたいなやつ)があればよかったのですが、あいにくなかったので、針で代用しました。

①普通の布用の縫い針で穴をあける

というのも、鞄の内側には穴があいていないタイプの作りでしたので、穴をあけることが先決でした。
ゴム版を下に敷き、針を刺して、木槌でカンカンカンカンと、徐々にとおしていきます。

IMG_0427

ちょっと針の先っちょでてきたー!もう、元には戻れなーい!!

IMG_0426

貫通したでー!!

IMG_0429

縫う部分すべてに穴を開けていきます。

②レザクラの針も同じ要領でがんばる

レザークラフトのも刺す。

IMG_0430

木槌で、カンカンカンカンと叩く。

IMG_0425

革がゴツくて、けっこう力をこめてやっていました。ごりごり押して、貫通させたら、はじめは普通に布を縫う時と同じで上下交互に縫っていきます。

IMG_0434

穴がひとつ飛ばしになります。

IMG_0432

内側からはこんな感じになります。

IMG_0433

縫いたいところの端っこまでいったら、折り返しますとこうなります。よくみる、ミシンでの縫い方になっていますね。

IMG_0435

③糸の処理はボンドで

革ですが、布では玉結びしてということをしません。その代わりミシンでの返し縫いと一緒のことをします。何度か同じところを縫うことで強度を増します。

IMG_0439

上の画像は表からみたところ。このまま5㎜くらいのところでカットします。内側も同様に……

IMG_0440

眠かったのです。夜中の0時から何をおもったのか、作業をはじめてしまって。。

では、短くきった糸にボンドをすこしつけて、なじませます。

IMG_0442

内側はともかく……表にみえているところは、糸の太さは違うけれどいい感じになじんで自然ですね。

IMG_0443

完成

木槌でガンガン打ちまくった代物とはわからないであろう。

IMG_4620

 







-レザークラフト
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.