イベント 文具

twitter発信での文具イベント仕方まとめ

更新日:

ビッグバナー




文具ぴくにっくを企画しました

「芝生の上でピクニックがてら文具の話をしたいわ」キッカケはそれでした。自分からの文具企画なんてたてたことなくて「おおおおおおお……」と途中、仕事の忙しさもあり死んだ魚のような目をしておりましたが。いざ、当日がきたらほんっとーに、楽しんできました!

IMG_9509

NOTE BOOKERSというサイトで散々、告知をしてtwitterでもRTしていただき、大変感謝するとともに、思いもかけないことばかりが発生しました。”遠いので参加できないのですが、近くでしたら絶対に参加していました。頑張ってくださいね”と、お互い今まで全く知らなかった方にこう声をかけてくださったのは、本当に嬉しかった。

そして、仕事の佳境にはいったのもその頃...はははー。
ま、そんなわけでして。
文具に限らずイベントをしたい!
何人かあつまって、自分のしたいことをするのだ!そういう方へ今回の企画で学んだことを記しておきます。

スポンサーリンク




イベント企画をたてる駆け出しの人へ、企画を成功させるコツ

ふふふふふふふふ。
読み手が限定されすぎているなw

1,告知は早めに!

これはマスト!!!
一ヶ月前…いや、余裕をもって一ヶ月半前とかくらいのほうがいいかな。
仕事によってはシフト制の人もいる。シフトの休み希望をだせる時期の余裕ってのはほしいものですし、半月後にイベントやるぞ!っていって人があつまれるところは、長く企画をつづけているところくらいです。
初心者は手堅くいきましょう。

あとから「いきたかったのよね」だとか、Twitterで実況中継をしていたので「楽しそうやったのを指をくわえてみてた」だったり、実際いわれました。
むふふふふふふふ。狙いどおりです。

2.刷り込み現象

同じ内容でかまいません。定期的にtweetしましょう。
一週間に一度くらいでOK
人は、忘れる生き物です。
繰り返してみることで、頭に残りやすくなるのとTwitterだと特に流れてしまったものって探すのがけっこう大変なのですよね。埋もれてしまう。
なので、定期的なtweetをおすすめします。
そして、イベントの3日くらい前には、改めて詳細情報を流しておいた方がいいかと思います。
あと、自分の場合ですが何も身構えずにいくのと、前日に一言いわれていくのとでは印象が変わりませんか?
前日か、2日前あたりに参加しますといってくれた人全員に、改めて時間と場所のお知らせと「当日はよろしくお願いします」と一文を送った。

送った場合と、送ってない場合の比較はできないのですが、相手に礼をつくせば礼がかえってくるかなという期待をこめてと、初幹事で不安だったので心からの「よろしくお願いします」だったりしました。

3.人が集まらなくても大丈夫

いいんです!集まらなくとも!!
自分が企画を考えたときに、一度目は人が少ないことは承知の上でした。3人くらいかなー?とも、おもっていた。

実際は、自分をいれて6人になりました。初回としては、ちょうどよい人数だったとおもいます。

勝負は次だとおもっています。実際にやるかどうかは一応おいておいて
人は、人の集まるところに集まります。
人は、楽しそうなところに集まります。

IMG_9567

4.リアルな友達をサポーター役に

出会いはTwitterだろうが、学校だろうがなんでもいいですが、仲のいい友達をひとり巻き込みましょう。
一人ではね、やっぱり不安なのと幹事としての進行がぁぁぁぁとか考えると手詰まりな感は、はやり否めません。
迷った時に相談できる人がいるという心強さがあります。でもって、友達の友達とかもつれてきてもらってもおもしろいと思います。

5.待ち合わせ場所と時間はわかりやすい場所で

見知った仲であればいいのですが、初対面の人とかがいるなかで幹事の不在はけっこう大変だと思います。みんなで、ぞろぞろ迷子の人だったり遅刻者を迎えにいくのも、なんかね。はじめから、わかりやすい場所にするか、待っていても苦にならない喫茶店とかにしてしまうのが楽かもしれませんね。
自分の場合は、目立つ建物集合にしました。みんな迷わずにこれましたが、「ここが正面だ」と信じた場所が違いましたので、Twitterでやりとりしてました。

IMG_9511

6.もし、人数があつまりすぎたら

これが一番、大変。
だって手に負えないもの。
少人数なら、ふらっと喫茶店にはいることもできるけど、予約が必要になったりするから。
もし、自分の手に負えない人数になりそうだったら、何名までというように途中からでもいいからいってしまいましょう。当日ぐだぐだになるよりはいいかとおもいます。

IMG_9532

7.ノープランでも問題ない

えーっと、ワタクシの場合ですが…お日様のもとで芝生の上にシートひいて毛布とかもってきてみんなで手帳書いたり、スケッチしたりマステ交換、インク交換、なんなら昼寝したい。という、ゆったりとした時間をすごしたかったのです。

だから、文具ピクニックとしたのですが…
当日は晴れました。
でも、前日はあいにくの雨。
ぬかるんでいるかもしれないし、当日も天気があやうかったのです。
だから、あきらめて薔薇園だけは鑑賞して、その後喫茶店に移動しました。
そして、ワタクシ…方向音痴。
参加者にほとんどナビをまかせてけっこうな距離をあるきました。
うん、ほんとうに。
どうなん、自分。
そう、思わずにはいられないところもありますが、何人かいたら知恵を借りればいい。
自分が無理なことも、誰かきっと得だったりするよ。
そんな他力本願な文具イベントでした。

IMG_9547
ほんっとに楽しかったよ。参加者の人がおすすめの文具屋さんにいって「なんてお洒落な文具屋!!」ってなったり、次も企画する……はず。自分次第だな。ま、タイミングがあえば参加してくださいな。企画をたてるならTwitterなどで告知させてもらいます♪

第2回目の文具イベントの前半戦
文具ピクニックの後半戦。時間管理について







-イベント, 文具
-

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.