ノート

趣味の文具箱が作ったSOLAノートをオススメしたい。

更新日:

ビッグバナー





趣味の文具箱が作ったSOLAノートをオススメしたい。

NOLTYと、SOLAノートを持ち歩いているみきこ(@mokiki_3)です。

IMG_7836

ノートを使う人にオススメしたいのがSOLAノート。趣味の文具箱が監修したノートです。

A5サイズ。188ページ。
バンクペーパー、開きやすい綴じ、ページ番号つき、巻頭に目次あり。

IMG_7833

目次の数字の後にはチェックボックスもある。独自のこだわりがありますね。

IMG_7834

表紙の色ですが、3色あります。
ちなみに、別シリーズでゴムバンドもついたハードカバーもあるのですが、自分の嗜好としてソフトカバー好きなので、ソフトカバーのみの紹介です。

ソフトカバーは凸凹のある厚みのある紙質。中身(方眼、横罫、無地)により、表紙の色が決められているので、方眼を使いたい私は、水色の一択でした。

水色→方眼
薄紫→横罫
カーキ色→無地(ナンバリングも一切なしの完全な無地)

目次とナンバリングは検索にとっても便利

IMG_7837

ページのナンバリングいいですね。左右の両ページに数字があって、下にタイトルと日付がいれられるようになっています。

IMG_7838

こういう索引しやすい作りのものって、上にタイトルや日付のスペースを設けているノートを見たことあるのですが。下にあるのは珍しい気がします。

はじめは、この場所が使いづらそう……となったのですが、そんな事はなくすぐに慣れました。

IMG_7842

最初に、この目次のページがあります。
ここを開くと、なんの情報がどこに書かれてあるのか一目瞭然。

バンクペーパーは万年筆インクの裏抜けしません

IMG_7839

裏抜けしてませんね。パンクペーパー。

趣味の文具箱が作るだけあって、ここは安心、安定の言葉がぴったりです。

私は紙沼には浸かっておりませんので、あまりわからないのですが、万年筆クラスタの人が「バンクペーパー、ハァハァ」というような人をtwitterでいっていたのを見かけたことがある。いい紙なんでしょう。

でもね、裏抜けはないけど、裏写りはけっこうするんだ。いっていること、わかるかな?

IMG_7840

一般的にいうと、セーフです。
インクの色が裏側にまで漏れてしまうことを裏抜けというので、裏ページから前のページが透けて見えるのはセーフ。なんだけど、なんかちょっと個人的には気になりました。

といっても、普段はモレスキンを裏抜けを気にせずに万年筆で書いているので、なんとも言えませんね。ははは。

NOLTYで懲りたのですが、開きが悪いノートや手帳って地味にストレスがたまりますよね。SOLAノートは製法上そんなことはありません。しっかり開くよ。

参考:NOLTY(能率手帳)今年のスケジュール管理としての手帳。マンスリーとウィークリーの使い方。

情報ストック、雑記、ライフログにも使えそうです。

使い方は、色々とできそうですね。
私の使い方は、手帳に書ききれない情報のサポート、雑記、情報ストック。

IMG_7841

Bullet journalにSOLAノートを使いたいという方もいらっしゃったのだけど、目次には日付とかになるのかな。工夫次第で色々できそうです。

使いはじめて、まだ1ヶ月ほどですので、どんな風に使っているかはそのうちアップしようと思います。

まとめ

お値段に触れていないことにお気づきでしょうか。
では、SOLAノートのお値段をいいますよ。2100円(税別)!!

高い?本当に高いと思う?

いいですか、みんな大好きモレスキンラージのお値段は2160円です。うん、モレスキン値上げしたからポケットでこの値段だった。

モレスキンより安いんです。お買い得ですよっっっ!!

IMG_7835

ノートは何をするのも、何を書こうが自由。とーっても自由。自由すぎて、書きづらい。なんてことはありませんか?

SOLAノートは、その書きづらさが少し軽くなります。適当にかいても、勝手に情報整理をしてくれる仕掛けがされてあるから、自分がさもしっかりとできているような気分になれる楽しいノートです。

エモジさんで作ってもらったノート自慢

オリジナルノートを作りゃんせ。エモジさんで自作ノートのワークショップしてきた







-ノート
-, , ,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.