ノート 文具

ペン習字をパイロットの通信講座ではじめました。パイロットは料金が安い上に、字体が選べる。

更新日:

ビッグバナー




パイロットのペン習字をはじめた(mikiko@mokiki_3)です。
自分の字は、けっこう気にいってはいたのですが、公文にいかれている人のビフォーアフターの字をみて、衝撃を受けた。

書類に手書きしたり、メモで伝言を残すことが多くなってきたので、やっぱり字が綺麗になりたいと思うようになりました。

ペン習字の通信講座はいくつもあるので、好きなところを選べる

検索すると、色んなところがヒットしますが、資格をとろう!という広告などで目にする機会が多いのはこのふたつですね。

単純に、料金で決めようと思っていたのですが、こちらのブログがとっても参考になりました。

大切なことは以下の3つと書いてあります。
でもって、ちゃんと比較もしっかりされています。ありがてえ。ナマステ!!

  1. 自分に合った好きな手本。
  2. 丁寧な添削。
  3. 長く続けられる仕組みが整っているか。

料金しか考えていなかったので、こういう選び方があるのかと目から鱗。

ユーキャン・日ペン・パイロットから、ペン習字の通信講座を比較

自分が考えた譲れない条件は2つ

  1. 好きな字体
  2. お安いところ!
好きな字体というのは、考えもしていませんでした。

ペン習字って、お手本のとおりに模範していって「自分の字」とするものだけれど、そもそもの元となる字の美的センスが、好みかどうかってのはめちゃくちゃ重要ですね。

 

ユーキャン:字体は、活字っぽいような感じがしてやめた(今みるとけっこういい字体なんだけど、選んでいるときは「これは違う」とおもった。なんでだろ)料金は31000円。お高いですよね。

 

日ペン:字体は、けっこう好きです。だが28900円。うーん、うーん。

 

パイロット:12960円……安いよね。そして、字体が4系統のうちから選べる!!

 

パイロットのペン習字に決めました

というわけで、あまり深く考える必要もなく即決でした。
なぜ、こんなにパイロットのペン習字が安いのかというと理由があります。

パイロットの手書き文化に対する文化支援事業として40年近く運営しているため、会費も安く、継続して受講できるようになっています。

選べる字体の4つの系統はこんな感じです。

IMG_8417

パイロットの通信講座をはじめることとなりましたが、実際にはじめてみて、ひと癖ある感じが完全に商売ではないんだなと実感することが多々ありました。

 

おそらく、ユーキャンや日ペンの「商売」としてしているところならば、痒いところに手が届く感じで「これさえやればオッケーだよ♪」的な感じで、ストレスも少なく懇切丁寧に一緒に歩んでくれたんだろうな……。

 

そう、思ったととは多々あります。

IMG_8415

ペン習字用にセットを作ったりして、こっちが万全の状態で「やってやろうじゃねえか」という少々、臨戦態勢な心持ちになりながらも、一応それなりに続けてはいけそうです。

私なりの続けるコツみたいなのも書いていきますね。







-ノート, 文具
-

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.