手帳

EDiT(エディット)でbullet journalもどきをしていました。

投稿日:

ビッグバナー




EDiT(エディット)でbullet journalもどきをしていました。

NOLTYバーチカルの手帳を使っていた頃、先の予定は十分かけていたのですが、その他のタスクやちょっとした情報というものを手帳に入れ込むことに苦労していました。

詳しい使い方は↑こちらを。

付箋で補佐的に貼ってしのいでいたのですが、使わなかったエディットを使えばいいのではと考えに至り、必要に応じて使うようにしていました。

荷物を増やしたくないので、基本的にちぎって軽量化。

すでに使っている手帳はすでにあるわけで、なぜ手帳を2冊も持たねばならぬのか。そんなことあるまい。というわけで、ちいさく切ったクリアファイルにいれていました。

日付がはいったメモ帳あつかいなので、終わったら捨てる。

あまり、過去は振り返らない性格で、手帳もバンバン捨ててしまいます。ですので、終わったら速攻で捨てますが、ブログ書いてから捨てようと溜めていたので、ようやく一気に捨てられるのでスッキリ。

bullet journalっぽくやることを書き出したり、行く場所の下調べなどを書いていました

img_9490

本当に、バレットジャーナルもどき。
終わったら、ポイっなので、アイコンとかはあまり気にしない方向で。

img_9491

普通に生活していくだけで、部屋は散らかっていくし気になるので、休日の午前に掃除を一気にやってしまうことがおおいです。

あと、手帳をしばらく書いていないと、自分をとりまく環境の中での立ち位置が不安定になる感覚があるので、やることを明確にしておきたいんですよね。なので、午後からマインドマップや手帳タイムをガッツリとるとしばらくスムーズに過ごせます。

そういうよくある休日な感じの日ですね。

img_9489

あ、これはiphone画面にヒビ入ったのからようやくSEに変える時だな。

使う時もあるし、使わない時もある

NOLTYとセットでこの手帳に情報をいれこめない時に、補佐としてエディットを使っていました。

あ、カスタマイズしすぎて原型がありませんが、間違いなくNOLTYです。

img_9494

そんなにマメじゃないので、毎日TODOはかかないし、単調に過ごす日にはスペースがいっぱいあっても困るだけなので、気が向いた時に、書き出せるのはよかったです。

img_9492

まとめ

バーチカルの手帳って、キッチリとやっていくにはとてもいい。だけど、ガイドラインが敷かれすぎているので時に窮屈におもいます。

普段はこれで十分なんだけど、急にやることが押し寄せてきたあ!って人にも補佐的にバレットジャーナル的要素をすこしとりいれてみてもいいですね。







-手帳
-, , ,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.