モレスキン 手帳

モレスキンの手帳 ウィークリーレフトの使い方。4月始まり日本語ダイアリー

更新日:

ビッグバナー




モレスキン ウィークリーレフトの使い方。4月始まり日本語ダイアリー

2016から、日本語バージョンのモレスキンがでましたね。

モレスキンは、ノートとしてのみ使用していた。手帳としては、なんだか使いづらそうで。
使ってみるとこれが、意外と使いやすかった。

嬉しい誤算があった。ウィークリーレフトが、ざっくりとした「やりたいこと」が色々と浮かんでくる自分にはとても向いていた。

バーチカルの手帳が好きなのです。色々とつかってみて、24時間軸の「ジブン手帳」が時間の使い方をみるのに長けていたので、重宝しておりましたが、つかってみたらイイジャン!

バーチカルとウィークリーレフトを使ってみての違いについては、よかったらこちらを。

ちょっとしたカスタマイズ

表紙には鹿クリップス

①クリップをつけて、マンスリーをパッと開くとマンスリーページになるようにした。

クリップで挟むと、それまでのページはめくる気すらおきなくなるのだけど、あまり過去は振り返らないのでこれで十分だし、鹿がかわいい。

IMG_8738

②手帳用のジェットストリームの多色ペン用にペンホルダーの装備

モレスキンには、ペンホルダーはありませんので、自力でつけました。

わざわざクリアファイル切って自作のペンホルダーにしなくてもいいのですが、コスパが最強なのと、販売されている後付けペンホルダーは厚みがあるので、ゴツゴツしそうだよね。

マンスリーの使い方

あ。今回は、手帳の使い方指南などではなく、人の手帳を覗き見できるくらいで読んでください。
とりたてて、特別なことはしていません。

見開きで2ヶ月見られるのはよかった。

img_0567

マステでラインを引いているのは、愛しの姪っ子甥っ子が滞在した期間をわかりやすく。

img_0568

下のスペースは、なんとなくのメモです。特に決めてはおらず。

モレスキンのウィーウリーが土日圧縮なのはモレスキンスキーな人は周知の事実かとはおもいますが、まさか日にちまで圧縮してくるとはおもわなかった。

一ヶ月が5週ではなく、6週ある月は、日を圧縮してきました。上の画像の右下に手書きで31日があるでしょう。ノーモア圧縮!!

マンスリーは、am pmでマンスリースペースに書く場所を少し変えて、視覚的にみてわかりやすいようにはしているけれど、雑誌に出てくるようなバリバリ手帳使いこなしてキラキラ輝いている系な人とは、めちゃくちゃ隔たりのある生活をしておりますので、ザックリとしか使っておりません。

ウィークリーメインです。ただ、私、仕事を2つしており、2つとも時間が固定された仕事でないため、そこんとこはしっかりわかるようにしておきたい。なので、色分けしてます。

仕事A=黒
仕事B=ブルー
プライベート=その時にある色ペンを適当に使う

ウィークリーの使い方

ウィークリーメインで使っています。時間軸は書かれていないけれど、横向きバーチカルのように予定を書きこんでいました。

img_0681

「何々、めっちゃかわいく手帳使ってるやん」「この手帳、女子力高い」と思った方、残念。
手帳つながりの友人たちと、わいわい集まった日にハンコ押しまくり、マステも貼ってとしていただけのことです。うん、かわいいね。

img_0570

これも同じく、マステ貼らせてもらい、ハンコを押しの日ですね。

img_0686

たまーに、頭の整理のためにTODOを細かく書き出すことがあります。付箋にかいて手帳に貼ってタスク管理をしたかった時期の手帳。

img_0682

シンゴジラいいよね。蒲田くんが好きだ。

 

ここ何年か、バーチカルの手帳を愛用していました。

バーチカルは視覚化をするのに長けていて、スキマ時間を見つけやすかったり、何に対して、どれだけの時間を割いていたのかなど、見てわかりやすい形として捉えやすいフォーマットをしている。何も考えなくとも、書く場所が決まっているのでとても楽。

だけど、頭の中で靄がかり濁った場所にある「自分のやりたいこと」の形が見失いやすい。あくまでも、自分の感覚なんですがね。

ウィークリーレフトだと、その靄がかったものを、靄がかったままとりだせる。

img_0687

まずは何でもいいからかくことから。

img_0683

ルールはないけれど、人は一面にびっしり書かれたものより、形で捉えるのが向いているので、なんとなくまとまりでかいたり。

img_0685

ここら辺の頭の中は、着物と物欲。うん、なんだかんだでやりたいことはいっぱいある感じかな。実行はあんまりだけど。

img_0684

右のノートページに進めたいことを箇条書きで書いておくと、手帳はなんどか見返すから無意識で「進める算段」について頭を巡らせているのですね。

ページが終わるまでに、何か進めておこうという気にもなりやすい。

バーチカルの手帳でできなかったメモの殴り書きができるのもいい。好きに使っていいスペースがいっぱいあるのってとてもよかった。それが自動的に日にちとの紐付けができるので、この時になにをしたかったのかっての分かるのもいいところ。

日常で、どこそこ?っていう遠方に行くことが仕事で多かった時、バーチカルだと電車の乗り換えとかあんまり書くスペースがなくて、付箋に細かい字でかくのがめんどうだったけど、ウィークリーレフトならスペース十分あるから、そういう覚書きができるスペースが十分にある。

まとめ

とりあえず雑でオッケー。

雑に書いても、受け止めてくれるレイアウトなのだと思います。

キレイに書こうとするのは、まずは1ページくらいあきらめてみてほしい。雑でもかくと「こう使えばいいんだ」ってことが感覚的にわかるから。

キレイにかけた方が気分はいいけど、雑にでもとにかく、書くことが大事。

これは書くまででもないかな…ってものでも一言かいとくと、やろっかなっていう気になりやすいので、何かしらやりたいことかある人には、とてもいい手帳。

なによりもモレスキンだしな!

ちなみに、こういう会話をしたことがある。

「モレスキンの何がいいの?」
「浪漫です」
モレスキンには、物語や浪漫がつまっている。

黒い硬派な手帳カッコいいし、ビジネスでもっていてもなんの問題もないし、カスタマイズすれば、乙女チックにもなる。







-モレスキン, 手帳
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.