日々のできごと

Dr.Martensを買ってから4年目!ようやく革をメンテナンスしました。

更新日:

ビッグバナー




Dr.Martens(ドクターマーチン)を買って4年目

寒い時期に履くのと、レインブーツ代わりにドクターマーチンを履いていました。
買ってから4年間、なんのお手入れもせずに雑にあつかった。

4年間、メンテナンスを怠ったドクターマーチン

革は、使うたびに馴染むものです。履くたび、歩くたびに形が少しづつ変わっていきます。シワがよってきたりする。
同じ製品を履いていても人によって、形状が微妙に変わってくる。

人の癖を反映するから、使い込めば使い込むほど、履きやすく、歩くやすくなるといわれています。

くたびれてきた、ともいうけどね。

ヒビが目立つようになりました。さらにアップにすると、白くなっているのがお分かりでしょう。

これは、ひび割れではなく、どこかでガリッとやってしまった傷なので、これも味!と、割り切る他ありません。

右足はけっこう綺麗だけど、歩くときに曲がる部分は、ひび割れ&乾燥が目立ちます。

後ろも足首あたりはすこしヒビ。

ドクターマーチンをBrilloで手入れ

詳しいメンテナンス方法については、ドクターマーチンの福岡のサイトがよさそうです。CARE & MAINTENANCE

まずは、靴紐を外します。

これを使ってお手入れしていきます。

私は、トラベラーズノートという革製品が好きで、またトラベラーズノートの手入れをするのも好きで、Brilli(ブリオ)でツルッツル、テカッテカ、スベッスベにしくっていました。

革用ツヤ出しワックスBrillo(ブリオ)で、トラベラーズノートの手入れをしました

革製品全般使えるものです。
実は、こういう革の手入れのオイルとかにしては高級なものです。オイルというより、クリーム状ですが、少量でも、ぐんぐん伸びる優秀な子で、長く使えます。

トラベラーズノートの手入れにいたっては、コーヒー豆一粒ぶんの使用量で大丈夫と店員さんに教えてもらいました。

ドクターマーチンの手入れアフター画像

右の艶と左を比較してみてください。分かりづらいですね。光り方が違うんですがねぇ。

アップにすると、ヒビと乾燥の具合がわかりやすいかな?左はビフォー、右は手入れアフター。

これは両方終わった画像ですが、これを覚えてもらってスクロールしてください。

冒頭ででてきたベフォーの画像をもう一度↓

メンテナンスしても、ビフォーアフターが、分かりづらかったけど次の日に色艶が違うことを実感。

改めて、ブログにかいていて思いましたがビフォーアフターわかりにくいね!?

細かな乾燥具合とかは確実に変わっていました。でも、なんか、あまりにも手入れをサボって革を消耗させたせいもあるかもしれないけど。自分でも変化が分かりづらかったです。

まあ、こんなもんかなぁ?と、作業を終えて次の日履くときにハッとするほど違いに気づいた。

「色が濃い。艶もある」

うん、やってよかった。

まとめと、ドクターマーチンのメリットとデメリット

革は呼吸するとか、革は生ものだからとかレザー好きな人は聞いたことがあるかもしれません。

乾いてしまうと、そこからヒビがはいったりするので、手をかけてあげることが大事です。やらなかったけど!

本当は1カ月に一度の手入れは必要ですがね!
使ってみて、いいところばかりではなく、デメリットもありました。編み上げブーツは着脱がめんどう。手早く紐を緩められる結び方をネットで発見したのでその結びにしましたが、ジッパーなら一瞬だよな……とは、やっぱり思わないではない。
ま、めんどうと思うのは慣れが大きいので慣れと、諦めました。

それ以外は、特にデメリットなしです。

ある時から、モノを減らすためにオンオフ関係なく着られるものを選ぶようにしている。さすがに、フォーマルな場面でブーツはいけませんが、カジュアル、シンプル、ガーリーな服装、どれにもあう。

何も考えずにこれを履いてしまえる。どんな服装にでもあう。これは本当によいです。







-日々のできごと
-

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.