ノート 文具

icco nico 貼暦マスキングテープいろんな使い方 貼るとノートが手帳になる!カレンダーになる!

投稿日:

ビッグバナー




icco nico とは、変わったマスキングテープを発売している文具メーカー

キリトリマステ・TODOマステなど変わったマスキングテープなどを作っているところです。
手帳に使いやすいものや、アイディア勝負なものが多いです。icco nico shop

ノートが手帳になる貼暦(ハルコヨミ)マスキングテープ

日にちと、曜日がかかれたマスキングテープが貼暦が発売されました。2個セットです。

これは日付の数字と曜日の漢字の2本セットのマステで
商品名は「貼暦(ハルコヨミ)」と言います。

3mmの字に3mmのスペースですので
3mm方眼の測量野帳やジブン手帳IDEAや、
キャンパスノートなら6mmのB罫にぴったりです。
もちろん無地の紙やノートに貼っていただいても
使う方のまったくの自由にお使いください。

カモ井加工紙株式会社さんで作っていただきました。

一か月分を貼ると1から31まで18.5センチです。
そしてこのマステの全長は10m=1000cmです。
1000÷18.5=約54
54÷12=4.5で4年半分です。

こういうマステを待ち望んでいたので、とても嬉しい。

最近は百均でもマスキングテープ売られていますが、やっぱりカモイさんのところが品質はよいです。

貼暦のマスキングテープは縦と横の2種類ある。縦バージョンと、横バージョン。

貼暦(ハルコヨミ)タテ組を使ったところ。

①バレットジャーナル

手持ちのノートを手帳化することができます。
自作派の人やバレットジャーナルをしている人にはとても便利だとおもいます。

数年前に、バレットジャーナルをしておりました。
その時に、モレスキンに日にちを書きこんでスケジュール帳を兼ねて使っていました。貼暦があれば、かなりの時短となりますなあ。

これは、手書きの時。

マスキングテープの上からボールペンでかけますので、土日祝をめだたせる工夫もできます。

上の画像はバレットジャーナルじゃありません。

ブログの更新具合と予定をちいさなノートにかいています。手帳を買うほどではないけれど、専用の月ごとに一覧性のあるノートのようなものがほしかったので、重宝しています。

バレットジャーナル製作のため、手書きで日にちと曜日を記入してくあるあるなのですが。
ボールペンの持ちかえがめんどうで、土曜日の青色と日曜日の赤色を間違えて、イーッ‼︎となる。

マスキングテープなら、こういうイライラはないので、本当によかったです。

マスキングテープなら、弱粘着。貼りなおしもできます♪

②ノートや付箋をオシャレな手帳風に

あとですね、日付を左側に貼る必要はありませぬ。

真ん中にはって、オシャレに使うこともできます。

なんか写真写り悪いですね・・これは大きな付箋に貼ってみました。
ノートでもいいのですが、付箋に貼れるとなるとさらに使い方が広がりそうです。

③時間軸としてバーチカル

「バーチカルが好きだけど、毎日バーチカルを書くほどじゃない」
「今日だけ、予定が立て込んでいるからバーチカルを使いたい」

そんな時はありませんか?

1日は24時間。貼暦マステは31までそろっている。使わない手はない!

④イベントや映画などの公開期間

映画が好きです。

見逃さないように手帳に公開期間を把握しているかぎり書いています。
そのうち、見にいこ〜なんて考えていたら、打ち切りになってしまうからね・・・

貼暦(ハルコヨミ)ヨコ組を使ったところ。

横バージョンの使い方は、ガントチャートや、毎日やることのチェックリストに使いやすそうです。

中長期的なやることがある人は、ガントチャートをエクセルで作らなくても紙面上だけで作れます♪エクセルはエクセルでいいんだけどね。パソコンを起動するのがめんどくさいという人もいるからさ。

ところで、貼暦の横バージョンって使わないだろうな・・・と思いながら買ったのですが「この子、意外とできる子かもしれない」そう、思いはじめています。

というのも、スケジュール管理は縦のほうが見やすいのですが、モノゴトの把握は(あくまでも自分は)横がよろしいので使う方法がいくつか思い浮かんでおります。

①ガントチャート

これは私の友人が作ったガントチャートなのです。

詳しい作り方→貼暦マステでガントチャートを作りました

友人のるぅさんは、万年筆をかわいく持ち歩きたい♪という思いから「るぅの」というがま口ペンケースを作っております。
「るぅの」は販売もしておりまして。

るぅの:Base

製作過程をガントチャートにして、頑張って製作しています。

実は、この友人todoリストやタスク管理系のことは「できなかった」ら凹むからという理由で、るぅのの製作のtodoを管理することをしてきませんでした。

それが、ガントチャートは俯瞰してみられるために、todo管理とは違って性格にあったようで、とてもうまく製作を進められているのです!

遅々として進まぬ進捗状況を横目でみてきたので、順調な今に、とても驚いているとともに「世の手帳術なんぞあてにならんな」と、実感しました。

人それぞれの個性がまずはじめにある。その個性にあったモノゴトの進め方がある。「これをして私は成功した」系の書籍もそうだけれど、答えは自分で試して自分でみつけるものだね。

参考にするのはいいけれど、他人の成功方式をそのまま使っても自分の成功方式とはかぎらない。

②日々の習慣のチェックリスト

毎日やって、習慣づけたいことありませんか?

挫折しまくっていますが、ストレッチというかヨガを10分ほどは毎日やりたいし、たんぱく質が足りていないからプロテイン(筋トレはしない!)飲もうとしていたり、手帳は毎日かきたいと思ってはいる。

この矢印マステをつかって、チェックリストを作ってみたのですが、本当はこういうののほうがみやすいと思います。

③カレンダー

変わった使い方として、カレンダーを作ることもできます。

タテヨコで、4.5センチくらい。

今年、カレンダーをかっていないのでカレンダーを自作してもいいかなぁ。

番外編

貼暦だけではなく、icco nicoのマスキングテープはかわいいけど、生活に根付いたものを製作されています。

四角が並んだだけのマステがけっこうすきなのですが、シンプルすぎて何に貼っても馴染むところもいいのですが、こういうtodoリストを作れます。

矢印マステは、手帳にこの期間は遠出するよって時とかに貼ると、とてもみやすいのですが、これをたんなる区切り線とみたてたり。

todoって家のこと、仕事のこと、趣味など種類が内訳って違いますよね。
その内訳をかわいく矢印マステで区切ってつかっていくこともできるなぁと。貼暦マステだけでなく、他の種類もポテンシャル高いです。

まとめ

潜在的ニーズがとてもあったというのが、メディアでも取り上げられていることからもわかりますね。

はじめは、日にちと曜日のニコイチで売り出すけれど、ゆくゆくは日にちだけでも販売をするという話も出ているようですので、曜日だけが余っちゃったなんて人にも優しいですね。

便利でかつ、とてもシンプルな商品です。

シンプルということは、応用がとてもききます。
思い浮かぶかぎりの貼暦マステの使い方をざっとかいてみましたが、これ以外にももっとおもしろくて便利な使い方があるはず。

持て余しているノートなんかも、楽しく活用できるようになりそうで、使い方の幅がひろがります♪







-ノート, 文具
-, , ,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.