日々のできごと

フィットネスに向いている人、向いていない人。口コミレポです。

投稿日:

ビッグバナー




フィットネスに向いている人、向いていない人

運動不足&筋肉がないのが気になってフィットネスに入会しました。

行ったのはティップネス

「あ・・・向いていない」と気づき、通わないものにお金を払うのも、もったいなかったので早々にやめてきましたが、向いている人、向いていない人分かれます。

フィットネスってどんなとこ?

改めて、フィットネスってどんなところか?

体を動かすための設備が整っているところ。
プール・スタジオ・各マシンなどが充実していて、好きなように鍛えられる。

ランニングマシンがとても人気。
プールは苦手なので、一度も使わなかった。
スタジオはとても種類が豊富で王道なものからマニアックなものまで取りそろえられていて、スタジオの時間割がかかれたのをみると、びっしりレッスンがある。

初心者にもやさしいシステム(のはず)

はじめ3or4回目までは腕にオレンジ色のバンド?をつけてくださいとロッカーの鍵(カード)と一緒にわたされます。

ひとめで「初心者マークをつけている人」というのがわかりやすいので、フロアに常駐しているインストラクターの支援を受けやすい。
3回目までは、マシンの使い方を教えるのと、利用者のニーズ把握とモチベーションアップのために予約をしなくてはいけなかった。ちなみに、この予約をしなくちゃいけないために、予定が固まっていなくて電話予約することになった。電話一本がめんどうで、通うのがめんどうになるという本末転倒なことにもなった。

予想だけれど、はじめてから馴染むまでに辞める人、月々のお金は支払っているけれど実質、通っていない人が多いのではないか。
おそらくその防止のために、初心者に手助けをできるようにシステム化しているのでは。

ティップネス1回目。
モチベーションアップのために、簡易の身体測定をしてくれる。

測定器にのると色々と測定してくれました。といっても、機械にのって手を伸ばすくらいで、とってもお手軽に測定してくれます。

そのデータをもとに、今の現状とこれからこうしたほうがいいというお話をしてくれますが・・・
概ね健康。やや痩せ気味だけど標準。特に問題もない。

危惧していた筋肉量が、やや少なめなだけ。

危機感を煽られるわけでもなく、こっちも特にリアクションをとるようなこともできず、淡々と話がすすみなんだか申し訳ないような気分になってくる。

ただ・・・

前々から栄養の偏りには薄々、大丈夫なのかと敏感になっていましたら・・・

やっぱり、タンパク質足りていなかったのねと、確認できたのはよかった。

どう考えても、普段の食事の中でタンパク質を増やすことはムリなので(コンビニ弁当も多いし)プロテインを摂ることにしました。ほら、鍛える人のためだけじゃなくってさプロテインって、まんまタンパク質の塊じゃないですか!

 

フィットネスは、短時間でほぼ毎日通う人が多い

ほぼ毎日のようにかよって、30分ほど集中して運動してサッと帰る人がほとんどのようでした。
わたしは、通いたい放題ではなく月4回のコースのため「せっかく来たのだから」という気持ちで滞在時間を長くしていましたが、日常的にフィットネスにかよってサッと帰るのが効率的なのだろうな。

ですので、決めたスタジオ待ちで人だかりができて、スタジオが終わればまた一斉にロッカーへの人の流れができるので、はじめは何事!?と思っていました。

マシンを使ってみての感想

ヒマ。
とってもヒマ。
運動しているのに、ヒマ。

私は音楽デバイスをもっていない。
スマホは持ち込み禁止なので、iphoneにイヤホン刺してということができなかったのもあるけれど。足や手は動かしているのに頭が空っぽで辛かった。

マシンには大概画面がついていて、そこでテレビをみることもできる。イヤホンを刺したら音声もきけるのでいいのですが、私テレビみないんですよね。。

あんまりみたい気持ちがわかなくて、ヒマでヒマで。すぐにやめてしまっていた。スタジオメインで通おうと決めた。

スタジオにいってみての感想

一ヶ月ごとにスタジオの時間割は変わります。
だいたい、仕事終わりにスタジオが多くあったりなどの配慮はされているので、通いやすそうとは思いました。

基本的に、講師は大人数を相手にすることになるので、その場を進めることを優先しますので、初心者向けとかかれてあっても「ムリムリムリムリムリムリッ」となることがけっこうあった。

この際だからと、気になるものかたっぱしからいってやろうと、色んなものに手をだしてみました。ヨガ、バレエ、ジャズダンス、基本のストレッチなど。

スタジオに通ってみて、感じたのは圧倒的な孤独感でした。
なんというか、難易度が高ければ高いほど、常連率が高く仲良さげでなんか辛い・・・。
そして、ついていけない自分もつらい・・・。

でも、ダンスのスタジオはフォームをきれいに踊っている人はとてもきれいに見えたので、とても羨ましかった。

初心者にも優しいのはヨガと、基本のストレッチでした。ストレッチの基本姿勢とか改めて聞くことがないですよね。簡単な動作なのに、4日くらい筋肉痛に悩まされたくらい効果あるので基本大事。

スタジオも少し、残念な結果にはなったけれど。今まで興味があったけれど、一度ためしてみたいと思っていたのを試せて、自分に合うものを比較検討できたのはとてもよかった。

改めて、ヨガをやっていこうと思ったのだけれど、ヨガだけで通うならばフィットネスである必要はまったくなくね?

という訳で、フィットネスやめてきましたー!!

料金体系については一ヶ月無料でついてくるプランを確認すべし!!

国民生活センターだっけ?「水素水は意味がありません」とはっきりと明言されていましたが、スポーツクラブやヨガスタジオなどでの水素水のはびこり率がすばらしいです。水素水飲み放題のプランは一ヶ月無料でついてきます。

靴や、持参のシャンプーなどを常時おいておけるロッカーというものがあります。

荷物や着替えをいれるロッカーは別にありますが置きっぱなしにできるのは、ヘビーユーザーには使いやすいようで、利用者がおおいようです。また、シャワーなども設備にありますのでかいた汗を流して帰ることもできます。それで利用できるタオルのプランなどもありまして・・・

「月の25日までに言えば、プラン変更ができるので受付に言ってください」と言われていたので、その日までに言えばいいのだと気楽に構えていた。だけど、プランが何個もあってそれらが一ヶ月は無料で途中から有料になるのをしっかりと理解しておらず、まあまた聞けばいいや程度に考えていた。

ロッカーの鍵を返したらいいんだろうくらいという軽い気持ちでいて、無料の期間がすぎるはずだから鍵を受付に返そうとすると「月末までもっていてもらって大丈夫です」といわれたので、そんなもんなのかなー。とおもっていたが、料金プランをストップするのは25日まで、利用できるのは月末までという前提のもと言われたのを、誤解してしまった。

対応してくれた店員さんと、私で、お互いに少しづつ誤解したままとなり、気づけば一ヶ月分の払いたくもない水素水、ロッカー、タオルレンタル料金を払う羽目になったので、利用する気がない人は注意が必要です!

料金体系のシートをみてもイマイチ分かりづらくて、すべていらないものを取っ払ってもらったレシートをみて、ようやくシステムを理解した。

はじめは、本当に情報が多すぎて理解にとぼしくなってしまうし、受付の人はなんだかんだでけっこう忙しそうなので、なあなあにしてしまいやすいです。

まとめ

フィットネスに通ってみて、自分の気分のムラが激しかった。
インストラクターの人と話をしていて、どこを鍛えたいですか?と聞かれて「別に鍛えたくはないんだけど・・・」と思ってしまう人は向いていないなとも思いました。

鍛えたいんじゃないんだ。

運動不足の解消と適度に筋肉がほしいだけなんだ。

的確にアドバイスをするためには、ニーズをこまかく把握した上で対応するのがいいのだろうけど、
「そうか・・・ここは鍛える場なのか、なんて場違いなところに来てしまったんだろう。帰りてえ」と激しく思った。

唯一、しっくりきたヨガ以外はあまり楽しめなかったので、ついていけないスタジオにいってしまった時の消耗感が強かったり、自分の中でのモチベーションをどうしても上げていくことができず、早々にやめましたが、色んなものを試せたのはとてもよかったので、フィットネスに行ったことも、辞めたことも結果よかったです。







-日々のできごと
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.