日々のできごと

腰や肩コリからくる睡眠不足や疲れ、メンタルの不調について

更新日:

ビッグバナー




マッサージ屋へいき、腰や肩コリからくる睡眠不足や疲れ、メンタルの不調の話をききました

左肩が痛くなりました。

前から、左肩に鋭い痛みを感じることは時折ありました。

ほおっておいたり、自分で肩をほぐせばそのうち和らぎ消えていく痛みなので「いつもの痛みがやってきた」と余裕をかましていたら、今回は違った。

悪化の一途をたどるだけでしたので応急処置的にマッサージ屋へいき、そこで話をきいて、自分の体に起こっていることを理解できました。

おそらく、自分だけではなく同じような症状の人がおおいと思いますので、役にたてばいいんだけど。

自覚症状と、体の良し悪しがつりあっていなかった。

自覚症状は、左肩の痛み。たったこれだけでした。

たまたま私の担当になった方がお喋り好きなのと、私の症状がひどすぎてついつい驚きながらどういう状態なのかをぺらぺらと喋りまくって下さいました。

そもそもの原因は腰。腰から、肩コリ、姿勢の悪さ、睡眠の質、メンタルまで症状がでる

肩だけでなく、腕も、背中も、ものすごく固まっていたらしい。これも腰が原因(何がどうなのかは詳しくは聞いていないけれど、接骨院の人に腰が弱いと言われたことがある。別のマッサージの施術者に体幹を鍛えましょうと勧められた経験あり)

腰の負担を減らすために、前かがみになってバランスをとって安定するために肩が内にはいった状態で、丸まって肩が前にでる。(猫背ですね)
胸が開いていないと呼吸が浅くなる。

「あー!疲れたまってますね!!」
「えっ・・・(無自覚)」
「固まってますよ。ゴリゴリ言っている」
「ああ・・・」
「眠れてないでしょう」
「え?睡眠時間は、しっかりとっていますけど」
「肩がうちにはいって、呼吸が浅くなっているから、実際はきちんと眠れていない」
「あ・・・日中、あくびしまくっています」
「頭がスッキリするのが普通なんですよ」
(異常に朝に弱い・・・他の人はスッキリした状態が普通なの!?と混乱してきた)
「疲れがたまりやすくメンタルにもきやすい(状態です)」

朝が弱い。朝きちんと起きられない自分はダメ人間だって思った

子供の頃から、猫背気味。仲の良い友人なら私がいかに朝に弱いのかを、重々知っている。

朝はムリ。体質だと思って、半ばあきらめていた。日中も仕事中にあくびを注意されることが何度かありました・・・

睡眠は、気の遠くなるくらい長い間、私の永遠の課題でした。
眠れはする。夜になると眠くなる。だけど長時間寝ても、朝は起きる気力があまりない。

ベッドが悪いんだとか、枕が悪いんだ、そもそも日中に活動的でないから、睡眠も深くならないのでは、でも運動嫌いで苦手だし・・・
と、まあこんな感じで堂々巡りでした。

そうは言っても、仕事ではなんとか起きる。必死で起きる。
朝早い日なんかは「絶対に起きる、絶対に起きる絶対に起きる絶対に・・・」と、自分にプレッシャーをかけまくって眠るので正直、あまり眠れてない。

仕事となると、多少の遅刻はあったりはしますが・・・そんな大きなポカをやらかしたことはありません。

だけど、仕事のない日はムリ。その時々の波にもよるのですが、ひどい時は日が昇って、日が陰ってくる時にようやく起き出す日もあった。これはさすがに絶不調時ね!!今はさすがにない。

朝、1日の出だしをコケるというのは、想像以上に1日がコケまくることとなる。予定が狂いまくって、休日に終わらすはずのやることが全然終わらずに自己嫌悪になるのも、またやってしまったのかというお馴染みの諦めの学習をするワタクシ・・・。

「なんて自分はダメな人間なんだ」というレッテルを自分に貼り続けてきました。

こういう毎日が日常なので、こんなもんでしょ?と、とりたてて危機感はなかった。

なんだけど、話を聞いているうちに私の状態はひどいのだという自覚が芽生えました。

だとするとだよ。私はいつもすこし眠くて「スッキリとクリアな状態を知らないという事実」に愕然としました。

私はダメなんだと、

ダメなやつなんだって、

そう思ってきたけど、もしかしたら違うのかもしれない。

これからは、自分の体と向きあってみようと思った。思えた。

じゃあ、これからどうするかってことですが「自分はダメなんだ」そのレッテルを剥がすために、自分なりにやってはいたのよ。だけど、何をするにもお金が必要になってくる。

マッサージ屋もね、やっぱり継続していくとかなると・・・そんなセレブじゃねえ!!そんなに払ってられるかー!
だったら、仕事の量を増やす?

早朝バイトとかなら入れ込めるんじゃない?という考えが浮かんでも、体力のない自分が、そんなにハードなことをして、睡眠不足に陥ってフラッフラになりながらも頑張るのって意味ある?

 

ロングスリーパーだから1日8時間は眠りたい。

だけど、8時間眠ると現代は忙しいから自分の自由に使っていい時間が削られていく。

自分の時間を削ってまで眠って、私は何をしたいのだろうか?
睡眠を増やせば人生の満足度が高まるかといえば、自分の性格上そうではない。やりたいことがいっぱいあるのに、時間がなくて、体力、気力もなくて無様にへばって力なくボーッとしていることが多い。

「メンタルにきやすい」という言葉が、後からひっかかりました。

人って、暗いモードになってくると過去の経験を無意識に参照しちゃいませんか?
思い出したくないのに、嫌な経験を頭の中でリフレイン・・・

超絶嫌だった前の職場のやらかし体験などを、ここ最近思い返してしまうことが本当に多くて・・・
思い出してしまうことが嫌なのに、思い出してしまう。

肩の痛みとともに、嫌な思い出スイッチが勝手にはいってしまっている可能性に思いあたった。
これは本気でなんとかせねば。

女性は肩と腰の痛みを感じにくい人が多いそうです。

元気と思っていても、実は私のように気づいていない人がけっこういるとおっしゃっていました。

肩を触ると、バキバキに硬いことがわかるし肩こりだろうってことは分かってはいたものの、肩こりでしんどい症状が痛みのレベルに達するまで自覚できなかった。

これから、何をすればいいのか

お風呂でしっかりとあったまって、その後に丸まった肩をのばしてあげるといいとのことです。
運動不足は自覚していたので、根本的な解決として「運動したほうがいいですか?」と、尋ねたところいい顔はされませんでした。

「今、固まった状態で運動をしても・・・まずは、のばしてからのほうが・・・やっぱり腰が原因だから、一度予約して腰から肩にかけてマッサージを受けに来てください」

この最後の言葉を友人に話すと、営業トークなんじゃといわれたのですが、ご安心を。そこのマッサージ屋さんは、いつもお客さんのいりが多くて、特にガンガン営業をかけなくちゃいけないようなところじゃない。

前にここにきたときも、アドバイスはしてくれたけれど、では次の予約を!みたいなことは一切ない。営業トークをしなくても成り立っているお店なんだと信頼しています。

マッサージ屋さんに定期的に通えれば、症状がよくなるであろうことは理解している。

だが、やはり日々の生活もあるのでそんなにつぎ込んでられない。

凝り固まった体に運動はアウト。
だったら、ヨガでしょ!!!

ヨガなら、自分のペースで無理なく続けられる。
一度マッサージ屋さんへいって、体のこわばりをほぐしてもらってから、ヨガに通ってみます。
また、ご報告します。







-日々のできごと
-

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.