カメラ

工場夜景〜堺泉北臨海工業地帯でカメラ撮影。iphoneの限界を痛感した。

投稿日:

ビッグバナー




工場夜景の撮影に参加させてもらいました。

どっぷりと日が暮れ、あたりまえだけれども民家の乏しい工場地帯では、家屋の光はそもそもなく、電柱も、か細く己がまわりを浮かびあがらせるのみ。

そこに工場の輪郭をうつす光群。すてきでした。

スポンサーリンク




工場夜景をご存知でしょうか?

大阪・堺泉北臨海工業地帯。詳しい場所は、もうね。こちらを見ていただくと早いです!

個人ブログなどで、カメラ好きの方々がいいカメラスポットを公開していることもあり、予想に反して本気の一眼を携えて写真を撮っている人たちの姿がチラホラといました。

撮影 iphone

同じ場所で、同じものをみていても人によって異なる撮るモノ

大人数で写真を撮る機会があると、醍醐味は人が何を「撮りたい」と思ったか。
それを知れることだと思います。

工場夜景の撮影者メンバー

あめたまさん「あめたまびより」
ごんちんさん「帯の仕立て屋みつやま」
ちかさん「CHICO KIMONO LIFE」
ちかさん友人。髪をコテで巻けない美人さん
ちかさん友人。鳥が好きなかわいい方。

光を撮りたいのか。

造形を撮りたいのか。

空に漂う煙を撮りたいのか。

陰影を撮りたいのか。

参加メンバーで各々がデータをアップして共有して、みられるようにしてくれまして。同じ場所でも、撮りたいとおもって、その時なにをみていたのかが後でわかりました。

築港浜寺西町からみえる化学工場

特に印象的だったのが、「築港浜寺西町」から海をはさんで対岸にみえる化学工場。

ここでは、被写体とだいたいの構図がおそらく、さほど変わらないであろう場所だった。それでもみんな少しづつ視点が変わっていたんですよね。

撮影 ちかさん

これは風にふかれる煙を撮っているはず。

撮影 ちかさん

もんげー!!あとで聞いたら通りかかった船の光をシャッター時間を長くて…だそうです!!

撮影 あめたまさん

魚眼レンズ。日が暮れていたため、雲を撮れているのは、あめたまさんだけでした。撮れるもんなんだなあ。

撮影 ごんちんさん

ごんちんさんは、ストロボを活用してひたすら人物をとっていらっしゃいました。
にしても、なんでこんなに光の写り方が昼のメロドラマみたいなんになっているんでしょうね?

撮影 iphone

iphoneの限界を感じるよね。これはまだきれいに撮れたほうで、光がもっと滲みます。

大阪国際石油精製プラント前

撮影 iphone

まずは、私のiphone。色々と撮れていない感が強い。ガチの一眼カメラとの比較をしてもらえれば…!

撮影 あめたまさん

光が……!しっかりと撮れていますよ!!工場の配管工などがうねうねと、一定の秩序をもって巻きついているのとか、なにかの生き物っぽくて好きです。

撮影 あめたまさん

光の強さよ!!

撮影 ちかさん

光がやわらかいですね。

ちかさんの友人のおふたりも、ガチなカメラや三脚持参で本気で写真を撮っていらっしゃいました。

撮影 iphone

ちんまり座って、ならんでカメラ覗いている姿がかわいかった。

ちなみに、ここでもごんちんさんはやっぱり人物を撮っていらっしゃいました。
長くなるのでちょっと、ブログ分けます!!

まとめ&夜景を撮るにはスマホの限界を感じた。一眼カメラは必須。

いいカメラを持っていないので、「iphoneでいけるだろー。iphoneもなかなかやるんだぜー」と、夜景を舐めてかかりました。

唯一、iphoneが活躍したのは夜景ではなく夕焼けでした。スマホならさっと取りだせて、パパッと撮れる。光量があればそれなりに映ります。

最近のスマホは性能がすごいのは事実です。

それでも、一眼をもった人たちでさえ露出時間の調整や、人物を撮るときは光をどう工面するかで出来栄えが変わってくる夜の撮影は《スマホは圧倒的、不利》でした!!

いや、やっぱり本気のカメラすげーよ。

とても楽しかっです。

浴衣女子がモデルになりきっている写真撮影会になっていたり、ウマ子に鳥の仲間が増えたりもしまして……着物好きとしてはおもしろい展開になって、それも書きたいのですが着物ブログに書く予定です。







-カメラ

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.