日々のできごと

高度異形成の入院2日目フロー(手術日)

更新日:

ビッグバナー




入院2日目、手術日をどう過ごしたかのログ

前日の21時の消灯時間が過ぎても、スマホをみてだらだら起きていましたが、何かあるたびに夜でも看護師さんがくるため、スマホ諦めて眠りました。

高度異形成の入院1日目フロー

神経質な人は、あんまり眠れないかもしれません。

6:00 前日にいわれていた、前回病院での検査時にて血液検査の結果で異常値がでていたため、麻酔できるかの血液検査として、寝起きで血をとられました。辛い。
また、術前補水2本を飲んでくださいと渡されて、飲みました。手術の経過をよくするためだそうです。

6:30 体温と血圧(低い)測りに来られる。

10:30 人生初の点滴となりますが、血管に刺さらない。ささらない。「あとで、先輩を呼んできます」と、点滴は後回し。

11時前 浣腸…しました。ネットで検索していると2〜3分、我慢してから出してって言われているブログをみたのですが、そんなことはなくすぐにトイレへ直行しました。そして、トイレにボタンがあるので流さずに呼んでくださいと……この頃になると、だいぶ羞恥心がどっか飛んで行っています。

しばらくしてから、看護師の先輩が来られて、点滴の針をさすのを成功させました。
点滴の針がささったままの時点で色々怖い。

手術まで時間はあったので、点滴の袋がなくなったので交換してもらうが、無駄に点滴消費しているだけでは?

ふたつめの点滴で空気が管に入っていることに気づいて、動揺する。ナースコール押して状況説明するときてくれたけど、状況をみて「多少は大丈夫」と言いながら空気を抜く作業をしてくれた。

え、ドラマで空気が入ったら死ぬって言ってたけどそんなもんなんや。

手術時間遅れると聞かされる。

15:15から手術開始。

手術室までは点滴を押しながら歩いて行く。

音楽を聞くものを持っていっていいと、事前に言われていたので、スマホとイヤホンもっていきたいと言われたと伝えるが、血液検査の結果で全身麻酔となったので意味なかった。スマホは機内モードに設定していた。

手術台に寝転んで、マスクをかけられたらすぐに意識飛ぶ。意識がなくなるのに10秒もかかってないと思う。

手術が終わって起こされる。目覚めたら完全に終わっていた。

帰りはストレッタチャーに乗せられる。あまり覚えていない。

手術の様子をみにきた親に終わったと伝えたような気もするけど、記憶が若干あやふや。

これから絶食絶飲が次の日の朝まで続く。
にしても、尿管の説明が何もなかったぜ。
管がつけられていました……激しく違和感がありとってほしい。あと、点滴もとってほしい。

看護師さんが来られ、点滴だけはとってもらえました……なんか、点滴と連結しているところを抜いただけで、腕に針刺さったままなんだけどね。一応、点滴が終わったのが嬉しいけど残っている。とってくれー。

定期的に体温、血圧、はかられる。

尿管がつけられているのが気持ち悪く、またあまり動けないような気がしてずっと同じ体勢でいたら、ゴロゴロ動いてくださいねと言われる。え、動けるんだ。動いて大丈夫なんだ。でも、ベッドの上からは動けそうにない。同じような体制が続いたため、ケツが痛い。

高度異形成疑いがでて手術になり、入院に必要な持ち物チェック20

高度異形成の手術入院にて、かかった料金

高度異形成の入院1日目フロー

高度異形成の入院3日目フロー(退院日)

高度異形成→上皮内癌 退院後の経過と進行してたよ!【子宮頸がん】







-日々のできごと
-

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.