手帳

デイリーダイアリーの使い方 エディットの場合。

更新日:

ビッグバナー




1日1ページを挫折しまくったぼくのデイリーダイアリーの使い方。

1日1ページかけるかっての。
それでも、憧れるのは1ページに1日のことを管理するなり、ライフログとして反映させるなり、それだけで手帳が完結している人。
白紙だらけの手帳は、日付の入ったノート。

IMG_0465

そう捉えることにした。
ノートして使うなら。
殴り書きでいいんですよね。
嫌なことがあったとき。
頭の中がうまく整理できていないとき。
一応、その日付のあたりをひらいて
書いて、書いて、書きまくる。
どうせ、読み返すことなど皆無なほど活用できていないのだから、ダークなことを書いたとて厭わない。
そもそも、今年の手帳8冊になっちゃったし。
1冊くらいそんな使い方があってもいいよね。
「これは今年が終われば破棄」という使い方です。
気分によって書き方はかなり異なるのですが、使いわけ……書きわけかな。
書き分けをしているのを紹介しますね。

スポンサーリンク




1.頭の、心のモヤモヤを吐き出す

これをやるのと、やらないのでは差がでるのです。そんなに変わっていないようにみえるし、変わっていないかもしれないけど。物事の整理ができて、進みたくないけども、前に進むにはやっぱり行動あってこそだなという諦めにも似た感情をもちながら。

2.左に過去、もしくは現在の嫌なこと問題点→右に未来、目標、叶うと嬉しいこと。むしろ叶える!!

書きだすことで、現状を受けとめる意味あいです。
めんどくさくても、嫌だとおもっていても書けば否応無しにすべきことがみえてくるので、書ききったあとはうだうだ書いていてもしょうがい。というか、書くべきことがすべてしぼりきったならば、未来のため、自分のために行動するステップへの以降時期。
行動して、つまずけばまた書けばいい。

3.いいこと日記

毎日って、変化がないようにおもえることが多いのですよね。
ですし、日常ってそんなものです。
だけど今日と昨日と明日は、同じ日であるはずはない。嫌なことがあった日でもなにかしらあると思うのです。なければ、録画している楽しみにしていたドラマみてもいいし。つまんだお菓子がおいしかったでもいいので、その日に感謝できることをかく。
そうすると、何かの本で読んだのですが「いいこと、幸せなこと」を勝手に探すモードになるので、ちょっとした幸せするっとすぎてしまうものでなく、つかみやすくできる。その結果、いい気分で過ごせるよっていうことです。

4.自己肯定

自分の嫌いなところってありますか。
私はある。2に書いたことと若干かぶるのですが。
左に、自分の現状としてコンプレックスに思っていることをかく。右に、それと真逆のことをかく。それが、真実でないと思っていてもです。
「自分は、運が悪い→自分は、運がいい」
「雑な性格だ→丁寧に日々をすごしている」
というような感じで。
左は、右側のものを書くために記入するものであり一度書いたらもう左のページはみない!!何が何でもみない!!右ページしかみないし、右ページはできれば毎日のようにみれればベスト。なんなら、ぶつぶつと声に出してもいい。意識すれば変わることも多いのです。







-手帳
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.