文具

ワタシ文庫の使い方。栞にもなる!ベアハウスの図書館貸出カード風の読書記録

更新日:

ビッグバナー




読書記録を残したいのなら「ワタシ文庫」が使いやすい!

IMG_1871
今ではみかけなくなった図書館の貸出しのカードをモチーフな本のログを残せるもの。

「読書記録しおり ワタシ文庫」は図書館の貸出カード型のリーディングログをとれる"しおり”です。

読み始めた日、読み終えた日、本のタイトル、著者名、そして簡単な感想を書き込める欄があります。

ワタシ文庫と私のであいは、人からのもらいもので正直、使わないかなと持て余していました。

誰に譲ろうかとおもっていたのですが、なんとなくちゃんと袋から出して記入してみたとこと……「ちょっと、いいかもしれない」

IMG_1872

図書カード型なので紙はとてもしっかりしている。万年筆で書き込んでもしっかりと、受け止めてくれる感じ。

IMG_1873
右は感想文。読み終われば書きます。
本を読んだら、そのまま読みっぱなしというのは、ちょっとしたメリットとデメリットがあります。

メリット、本の内容を忘れるからミステリーの再読にはよい。また楽しめる。

デメリット、読んだ本の内容がどの本かわからない時がある。ビジネス書や、自己啓発系の本にはよく読書ノートをつけるといいと、たまに書かれてあります。

私は、本を読んでどっぷりその物語につかってしまうことが好きなので、残すことには興味がなかった。

そもそもビジネス書は、ほぼ読まない。自己啓発系も読まないというか、嫌い。

人の生き方なんぞ、その人の自由でよかろうが。

脱線しますが、断捨離をした人で、本は自己啓発本だけ残して他はほぼ捨てたのに、なんだかスッキリしないといっている人がいた。あたりまえじゃん。自己啓発本とは、今の自分の否定。自己否定がモノとして本棚に並べられている状態なんだからさ。そういって、何冊か厳選して捨てることをお勧めします。といったら、思うところあったようで、ものすごくスッキリされていた。

あの後ごっそり捨てたんだろうな。

ま、それはおいておいて。ビジネス書、自己啓発系のログをとるのはいいと思います。

だって、あの分野はいかに違った言葉をつかって伝えるかが問題であって、けっこう同じようなことをいっているので、残しておいたほうが後々楽だし、書くことで本の中身の定着もよさそうだ。

話を元にもどしまして。ワタシ文庫はしおりとして本にそのまま挟める。
IMG_1874

ぴょこんと出ているので、栞としてもアクセス性がよろしい。これはありがたい。
IMG_1875
たまたま読んでいる本がちょっと、うーんな感じですが。おもしろいんですよ。

しばらく使ってみる予定です。ワタシ文庫を使っている方でいっていたのは、同じ本を買ってしまうのを防止するのに役立つと。確かに、漫画なんかだと、間違って買ってしまうことあるますものね。

ベアハウスさんの『ワタシ文庫』

こちらが、公式サイトです。ワタシ文庫だけでなく、ギミックのある一癖二癖あるような、楽しい文具がいっぱい載っています。

 







-文具
-,

Copyright© 文具工房〜モレスキンスキー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.