戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

着物

「わものや」で千円のポリエステル着物を買った時のおはなし。

投稿日:

着物を買いまいした。千円で。

マジです。

千円です。(帯は通常のお値段5000円ほど)

たまたまよったところで、着物が千円で売られていて、千円なら「もし失敗したとしても惜しくない値段」と判断して買うと決めました。

よくみると、千鳥柄にこういうポイントでカラフルな図がはいっています。

おそらく戌年にちなんで、テリアっぽい犬がおります。

サイズはM、Lの2つ。
私の身長は162㎝、やや痩せ型(あー!筋肉ほしい!!!)で、Mサイズに紛れこんだLサイズを試着するとブカブカでした。Mサイズがちょうど。

よほど長身の方でなければ、とりあえずMサイズの試着でいいはず。

着物に限らず、アパレル関係はしかたないのですが、店員さんから話しかけられるのがちょっとめんどうですね。

スポンサーリンク




安く販売していたのは、初心者のスタート用とのこと

料金の横に『試着をした人に限り千円で販売』『同じ人が、複数買うのはお断り』している旨が記載されてありました。
確かに、安いから同人物に大量に買われたら利益的な問題があるのでしょう。

店員さんからは、千円のポリ着物ばかりみていたら「ポリエステルですよ」と、強調されました。

着物を着る人からしたら、格式が高いものを扱っている店であれば特に、ポリエステルを推奨はしないだろうとは予測はしたのですが、だったら売ってんじゃねーよ。とも思った。

「洗えるポリエステルの着物を一着ほしいと思っていた」というと、納得されていました。

着物初心者の人のスターターとして本来は5900円くらいのを1000円にして販売しているともおっしゃっていました。

なるほど。着物初心者ではないだろうけど、そこはスルーしておきます。。

気になったものを試着させてもらいましたが、最終的にどうせ千円だし、自分が選んだのではないものにしようと店員さんが勧めたものを購入することにしました。

で、帯を以前から買おうと思っていたので、いい買い物をさせてくれたし帯も買うつもりでした。

棚に置いてあるものをあてていっていたのですが、一目惚れするものがあまりなく妥協しようかと思っていたところに持ってきてくれた帯を気に入り購入することに。

私は、柄の意味とかけっこう気になります。友達にみせたら正倉院柄かなぁとのことでした。ああ、かわいいかわいい。

黄色の帯って、一枚もっているととても重宝するのは知りつつ、なんとなく出会いがなくて持っていませんでした。これは、裏もめずらしくどぎつい緑で、表も裏も使えそうです♪

「わものや」は、一般的な呉服屋とはちょっと違うようでした。

カタログ通販販売「ベルーナ」から生まれた着物専門店とのこと。
着物をファッションとして楽しんでもらうためにというコンセプトだそうで、頭がクラクラするようなお値段の着物の取り扱いはそんなにない。

なので、以前に書いたような急に100万円とかいわれることはありませんのでご安心ください。

ですが、着物販売をしている以上、数字も追い求めないといけない。慈善事業ではないのだから。

千円着物の値段の横に『試着した人に限る』の意味が理解できたのは「当社のおすすめすている着物を1日のうち10人にお伝えすることになっていて」と仕立てられる前の布を当てられました。

納得。

とても納得。

そうだ、千円は餌だ。

これからが、この人たちの本番だ。と、その時になって気づきました。

なのですが、とてもおすすめされたのは、使いやすいよいモノだとは思いました。でも、無地はあんまり好みじゃなくてな。

また、話しをしているうちに木綿の着物も試しにあててもらいましたというか、流れに流されるままな感じで……すまんが、買わないよう。

木綿はとても素敵な着物でした。2〜3万円くらい。木綿洗えるし、めちゃくちゃ高いって訳でもないので、お金に余裕のある方は、一着もっていても重宝するんじゃないかな。

でもね、木綿着物を買うとしたらネットでMサイズとかで買うと思うんだ……っていうか、すでに目をつけてるやつがあるんだ。

とりあえず、ノルマとしてのオススメされた商品の話が終わってから、買いたかった着物と帯をゲットしました。

お店の滞在時間が長かったですw

呉服屋のように、格という武器を手にしてこちらの心を折りに来ることもなく、まあ、営業はされますが常識の範囲内でしたので、とても楽しく買い物ができましたので、好印象です♡







-着物

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.