戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

着物コーディネート

レース襟に着物でモダンな着こなしに!【大正時代 カフェーの女給さんスタイル】

投稿日:

てっとり早く、モダンでおしゃれな印象になるのが着物にレース襟をしこむこと

和洋折衷がモダンになって好きですが、一歩間違えると「イタイ奴」になりかねない難しいところです。

でも、これは絶対に似合う!と確信できるのはレース襟と着物。

上の写真は、浴衣に白い襟をあわせたものです。
まだまだ暑かったので、9月の半ばでしたが暦はガン無視して快適さを優先。
着物風にドヤ顔できていこうかと思っていました。

多少、本来の着物のルールから外れたとしても「あっ、ちょっと…着方ちがいますかね…」という気持ちはサクッと捨てて、メイクもバッチリ。ヒールやブーツで着たりしていると、何も言われません。

たまーに、おばさま方からの熱い視線を感じることはありますが、言えないみたいです。

日中はまだまだ暑かったので、浴衣でもよかったかもしれませんが、浴衣はやめました。

袷をば……単衣ひとつしかもっていなくて、あまりかわいくなくて着る気がなく。ポリエステルの素材なので「うん、これはインナー付きのワンピースと布量的に一緒」そう、自分に言い聞かせて袷を着ました。

昼間はさすがに暑かったですw

スポンサーリンク




着物の内に着るレースを選ぶときは首幅が狭くて、立体的なもの!

最近流行りでこの手のものをよく見かけるので着物用にと買いました。

ですが、ここで注意点があります。
襟は広がりがなく首にそったものがいいです。首が詰まったもの。

首が広いレース襟は着物に隠れてよくわからなかったので注意が必要。

では、こういうレース襟をインナーとして、その上から着物を着れば大正カフェーの女給さんスタイルの完成。

大正時代、流行りのカフェーの女給スタイル

この写真がツッコミどころが色々あるとは思いますが、いろいろとスルーしてください。

レース襟だけでもよかったのですが、スカートの上にまけるエプロン風のものがあったので、まきました。

あと、帯締めはせずに細めの赤いベルトに。

チュチュアンナにて三足、千円で白いレースっぽい柄のシースルーの靴下がちょうどよく売っていたので、それも買ってパンプスをあわせました。

全体的に白レースをいれこんだので統一感はでているとおもう。
でも、エプロン風のやつは、途中で恥ずかしくなってカバンにそっと押しこみました。

帯の結び方は、ずっとやりたかった風船太鼓……の変形バージョンでございます。

ちょっとよれていますが、うさみみのついた風船太鼓!

改善の余地はあるものの、まあ、よろしいのではないでしょうか。

普段、洋服はとても地味です。

派手な服は、人に覚えられてしまってどれだけ着こなしをうまくやっても「また同じ服だ」ってなる。

それが嫌で、なるべくベーシック、シンプル。小物で変化をつけるというのがコスパがよろしく、毎日の服選びにかけるエレルギー消費をおさえていたりしします。

でも、着物となると話は別。

 

どんな着こなしにするか考えると楽しいし、大正モダンドンピシャで好きだし、テーマをもたせてコーディネートできるのよいです。







-着物コーディネート

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.