戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

日々のこと

骨格診断「ウェーブ」タイプの受難【ファッション】

投稿日:

骨格診断「ウェーブ」の受難

骨格診断とは、その人の骨格によりファッションの系統を3タイプに分ける。
ナチュラル・ウェーブ・ストレートのいずれかのタイプになる。

自分がどのタイプになるかは、プロの方にみてもらいましょう。自己判断は違っていることが多いです。

プロに診断してもらい、自分の骨格診断でのタイプがわかれば、だいたいの系統としてどういうものが似合うのかは書籍で勉強できます。

ストレート
スッキリ、シンプル。定番の服が似合う。オフィスカジュアルの洋服選びに困らない感じ。

ウェーブ
華やかで、ソフト。トップスにボリュームを持たせたほうがいい。

ナチュラル
フレーム感のあるスタイリッシュボディ。存在感のある服を着こなせる。

私は、ウェーブ以外ならなんでもよかった。

ウェーブの人が似合う服って、フリルのシャツ、とろみのある生地。荷物が入らなさそうな小さい鞄。小花柄。とにかくかわいらしい。女の子って感じのふんわりしたものたちが、本には掲載されているのです。

私は、そういったふんわり華奢で可憐なフリルとか大嫌い。

ここから、自分の骨格診断タイプと、好きな服装が違うことの受難がはじまる。

スポンサーリンク




ウェーブタイプの人が定番の服を着ると劇的に似合わない

これは本当に困ったことなのですが、いわゆる人を選ばないであろう定番の服をきると、なんだかおかしい。

Vネックのセーター、トレーナー、ごつめのシャツなどなど。

これは絶対に失敗などしないはずという前提で買って、絶望の淵に立たされる精神衝撃はたいそうなものでした。

ウェーブタイプの服で、自分が好きな要素とかぶっている服しか選べなくなった

ウェーブの人に似合う服と一口に言っても、一応、様々な服があります。

「フェミニン・エレガント」がキーワード。
素材としては、柔らかい合成繊維などがしっくりきます。

ウェーブ素材:ナイロン・シフォン・モヘア・エナメル・ベロア・ツイード・ストレッチ素材・本革よりスェードなど。

別に、ひとつひとつの素材は嫌いとかではないけど、想像してみてください。
ふわっとして、重量感のないこの感じ!

ちなみに革製品が好きなのですが、革が似合うのはストレートタイプの人です。

私が好きな要素は「ちょっと変わった服」「シンプル」「上品」「格好いい」「大人っぽい」などですが、

ウェーブと、自分が好きな要素がかぶっている服装にしか手をだせずにいました。

これは、骨格診断を受ける前も、後も変わりません。ウェーブの要素からはみでる服を着ても似合わないため、そっとタンスの肥やしになるだけ。

ウェーブだけど、かわいいのが苦手な人の対策方法

むりして、ヒラヒラしたレースがついたシャツとか着る必要ありません。

我々、ウェーブたちは華奢にみえます。特に上半身が悪くいうと貧相。そこを補うことを考えましょう。

別にフリフリじゃなくても首回りに目がいくように柄がはいったものを選んだりしよう。そして、綺麗にでている鎖骨に視線がいけば尚よしですね。

サイズは、オーバーサイズはやめてね。オーバーサイズが似合うのはストレートさん。ナチュラルさんはさらにオーバーサイズが似合います。

骨格診断の本を読むと、本当に「ダサい」の一言に尽きることが多いです。

ウェーブ特に!!昭和の授業参観ですか?と、聞きたくなるものが多いですが、今の時代にマッチしたものもあるので、自分の好みのものを選んでくださいね。

私が買ったのは、この本です。

骨格診断を受けに行ったときのことも、また書きますね。







-日々のこと

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.