戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

美容

内面は、外見にあらわれる。性格の悪さ、心の醜悪は顔にでる理由3つ

投稿日:

以前のことですが、仕事でお客様のお肌のチェックをするということもしていました。

ですので、とりたてて美容に詳しいわけでもありませんが、いろんな方の肌をました。
そうするとある傾向に気づきました。若いうちは、あんまり関係ないけど・・・

50代あたりからは、性格の悪さは顔に滲みでてきます。

60代〜70代あたりがその傾向が強くなります。

80代になると、そもそも美容に興味のない人が多いので「お肌みてちょうだい」となる方は、美意識がとても高いか、単なる冷やかしに分かれるので、きれいな人と、なんともいえない人に、キッパリと分かれます。

仕事をしていると、中には「なんやねんこいつ」っていう態度の悪い人もけっこうおります。

で、だいたいそういう人の肌をみると、性格だけでなく顔もガサガサ。

なぜ、内面が外見にもでてくるかの理由の考察

あくまでも個人の解釈で根拠はありませんが、わたしはこう思っています。
要員としては3つ推測されます。

①普段、使っている表情筋が刻まれた結果。

わかりやすいところでいうと、ほうれい線ですね。口元って、実は皮膚が薄いので、余計にシワが定着しやすい。
なのですが……わたし個人は、とってもキュートだとおもいます!!
笑顔がいっぱいの方は、やっぱりほうれい線はでます。
笑わないと、ほうれい線は刻まれなくとも、ここら辺の筋肉使ってないぶん垂れやすい。

眉間のシワがデフォルトになると、いつの間にかとれなくなって、常に不機嫌な人になったりもします。

②普段の手入れを、驚くほどにしていないか、自分の肌か、使っているメーカーを過信しすぎる

お客さんの話をきいて、けっこう驚くんですけど……。

なんで、化粧水つけないの?
かろうじて化粧水をつけていても、乳液つけないと意味ないよ?
「ベタベタするのが嫌だから、乳液やクリームはつけない」って、あなたの今のカッサカサな肌のほうが嫌じゃないの??

肌に手をかけないと、手をかけていない肌になるのはあたりまえです。
自分の肌を過信(?)して、放置するとガサガサになります。(稀に、手をかけなくてもタフな肌をお持ちの方もいらっしゃいます)

反対に、こだわりを持ちすぎている人も多くいる。
幾つになっても女性陣の基礎化粧品に対する、ある種の信仰は根強いのです。

自分が信じてきたメーカーに対する信仰を揺るがすなんて天変地異は許されないのです。

今、自分が使っていて、気にいって使っているメーカーがあって、実際に肌がきれいであれば問題ありませんが、めちゃくちゃ乾燥しているのに、ドヤ顔で◯◯◯使っていると言われても「そこのメーカーやめたほうがいいんじゃないですか」と激しく思う。

そのメーカーのものが自分の肌にあっていないか、使い方がずさんなんじゃないの。

こんなことがありました

態度悪いばーさんがきました。

「あの…キメが…………ない」 と、いう他ありませんでした。


「(とあるメーカー)つこてんねや」といって、去っていった。 ありがとうも、一言の感想すら述べずに去っていったんだけど。 あんなにガサガサな肌、ビックリした。
肌の状態は、お肌の箇所によっても変わるので、本当にキメがないか探したけどなかった。毛穴開いてるし。 そこのメーカー辞めたほうがいんじゃねーか?

お肌のキメは幾つになっても関係ありませんというのが、実際にいろんな年代の肌のキメをみた感想です。

③普段のお手入れが雑!!

内心「早よ帰れ」とおもって、すぐに切り上げたお客さんの話ですが、基礎化粧品類をバシバシと肌に叩き込み、ガシガシこすっていた。

いい化粧品つかってもその使い方なら、綺麗になるはずがない。

肌って、ほんとうに予想している以上に薄いんですよ。
なので、化粧水を塗りこんだり、こすったりすると削れます。

洗顔の力加減が強い人もけっこういるし、ファンデを塗る時も、あんまり圧をかけないようにしてくださいね。簡単にキメって削れる。削れると、キメがなくなる。自分で肌を傷めてしまう。

まとめ

実際に、仕事をしていての愚痴混じりでこの記事をかきあげてしまいましたが、性格悪い人で肌がきれいな人って、珍しいんです。

みんながみんな、そう!とは、いいきれはしないけれど、性格の良し悪しと、肌の状態には相関があるとおもいます。

若い時は、回復力が高いので多少、ズボラな手入れでも自力で肌を持ち直すことができる。でも、年をとってくると、自分の肌の力を過信すると、前のようにはいかなくなることがでてくる。

あとですね。 年とともに、肌は衰えるのはやっぱり仕方ない。
だけど、ちゃんとお手入れをしていたり、たまたま自分の肌にあった手入れをしている人や、元々の肌が強い人なんかもいる。そういう人は、ちゃんとキメがあってきれいです!

80代でもキメがある人はあるからね!!

逆に、10代でもない人はない。
※10〜20代は新陳代謝のサイクルが早いので回復も早いけどね。20代は28日で肌が生まれ変わるといわれています。

内面の醜さは外見にもでる。逆にいうと、内面の美しさは、外にでる。
私個人は、本当のことだとおもいます。 美のためにも、心も美しくあれ。







-美容

Copyright© 戦う着物ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.