戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

着物を日常に! 着物コーディネート

ド派手な着物と貝の口でリュックのコーディネートでおでかけ。

投稿日:

派手な着物と、派手なリュックでおでかけしてきました

おなじみの着物ブログをかいているりおちゃんと、着物でおでかけをしてきた時の着物コーデはこちら。

昔の人って身長低かったので、丈があっていないのはアンティーク着物にはよくある話。
この着物も、自分よりも身長低めの人が切られていたのでしょう。ブーツをはくので、裾を短めで着付けするのでちょうどいいくらいで、キッチリときるとおはしょりが短くなります。

買った時に「明治のお嬢さんがきていたもの」といわれたこの着物。久々にひっぱりだしました。

白地に赤の博多帯は、京都でふらっと入ったお店にて500円。

帯締め、これ本当に使いやすいしかわいい!!

帯締めは、単色ではなく2色だったり、グラデーションになっているものが使いやすいです。
単色だと、キチンとした印象はあるのですが、ほら遊び心がほしくなってくる乙女心。

それだけじゃなく、着物にうまく馴染んでくれるし小慣れた印象になるので多色の帯締めが好きです。

あいかわらずのDr.マーチンの定番のブーツ。

行商スタイルで帯を前に結んでもよかったのですが、なんとなく普通に貝の口に結びました。

あるあるなのですが、貝の口って気付いたら崩れている・・・ってよくりませんか?

帯がずってくる対策で物理的に上から押さえるのが安心です。
押さえるのは、帯締めor帯揚げどちらでもいいですし、両方つかってもよいです。

帯揚げのほうが、貝の口の上のほうをグッと上げてしまえるので、帯揚げのほうが協力かもしれません。

着物でもガンガン歩きまくるし、食べまくりましたよ!

歩き回りながら、絵になるカフェを写真におさめたり。

おっされーなカフェにはったり。

ドンキに集まる中国人観光客にもまれながら、なぜこのクッソ汚い道頓堀がフォトジェニックなのか!?と、写真をとりまくり

たこ焼きたべて。

日本橋でメイド喫茶にいくというコッテコテなラインナップでとっても濃かった!

しばし話しこんだメイドさんは、かわいいというより、美形のかっちょいいメイドさんでした!!

着物が好きで、王将とかかれた着物を買ったと話を伺いました。少々ぶっとんだ柄の着物ですが、このメイドさんなら格好よく着こなしてくれるだろう。

柄に柄を重ねられるのは、和装ならではだけど目立ちすぎた!

街中で、ふと鏡にうつった自分にとても驚いたのですが、めちゃくちゃ目立ちますね!!?
着物の柄も派手で、リュックも派手で、ピンクと緑のコーディネートだし、洋服じゃなかなかできない和装ならではのコーディネートでした。

着物をきていると、街中で感じつ視線は平常モードなので、だんだん気にはならなくなってくるのですが、それにしたって至近距離でまじまじと見られるのはあんまりいい気分じゃない。

そんだけ見るんだったら一言かけてくれたらいいのにと、思うこともあります。

ですが、ピンク×カーキの組み合わせは派手!!

ちょっと着物の裾が落ちていたのが残念。もうちょっと上げておければよかった。
アンティークの着物は、すこし小さめサイズが多いので、着付けをしにくいという現実もあります。

あ、これは友人のりおちゃんが「この写真、強そうだったから」といって加工してくれましたw

諦めないよー。
多少、着物が派手で、人からみられまくってもあきらめないよー。

せっかくだからと、写真加工のリクエストしてみました。レキシにはまっていましてねえ。







-着物を日常に!, 着物コーディネート
-, , ,

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.