戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

浴衣

男物の浴衣は7月半ばまでには買っておくべし。早めに買わないと本当にいいデザインの残ってないよ

投稿日:

男性は、浴衣を買うならお早めに!!

浴衣を買うならお早めにどうぞ。

理由は、無難なものからなくなるから。

女物は、全体の母数が多い。
といっても気に入ったものは、パッと買ってしまわないと、同じものはもうない可能性が高い。

男性ものの浴衣、無難で着やすいものから、ポロポロと売れてどんどんなくなります。

スポンサーリンク




なくなる一方です。

ネット購入の場合は知らんけど、ネットでも売り切れとかも出てくるだろうし、和服はやっぱり慣れていない人は店頭で相談した上で買いたいと思うのですよ。

自分に似合うかとか、帯との合わせ方とか第3者の意見聞きたいじゃないですか。

浴衣販売の後半よく聞かれたのは、他に商品ないですか?

女物と違って、売れる量が極端に少なかったですが、か細いながらにも定期的に売れていきました。

縦縞とか、パッと見無地のものとかから消えていきました。

ただ、あまりにも暗い、黒っぽい色はお祭りに着ていくには華がないので、少しだけ明度の高めの色の方がいい気はするけど。

ま、そこは好みでいいんじゃないかな。

ただ、黒の浴衣に、黒の帯は華がなさすぎるので、控えた方がよいかも。

浴衣のシーズン終わりにもなると、無難なものから売れていくので使いにくいものばかり残る。

残るは、変な赤色とか。龍ドーン!虎バーン!!みたいなやつ。

↑これは、きわどいかな。まだ、着てても変じゃないかな。人によるかも。

浴衣シーズン終わりは、昔の田舎のヤンキーが好んで着るようなチョイス。棚のどこをみても、やたらと主張激しい変な浴衣ばかりよ。

7月後半からはずっとこんな感じで、ちらっと棚をみて去っていく男性客けっこういた。

他の店舗の浴衣販売状況も把握している訳じゃないけれど、どこも売り方似たり寄ったりだと思う。

浴衣と帯の色合わせ

男性の浴衣は、地味なのしかないので基本的にこの浴衣にこの色はNGというのはないとは思いますが、黄色がの帯がとても使いやすかったです。

(上のリンク、アイキャッチ画像黄色帯じゃないです。いいのが見つからなかった。しかし、男性の浴衣、あまり興味なくてしっかりみてなかったけど、紺の浴衣いいですね。趣味だわさ)

帯の色は、黄色というか黄土色。すこしくすんだ渋い色合い。

浴衣販売の経験者に、男物の浴衣の帯との合わせ方がよくわからないと言ったら「私、黄色しかすすめない」って言われた。

うん……黄色、万能!!

帯の色で悩んでいる人に、黄色あてたらけっこうそのまま買っていく人多かったし、いいよ。

でも黄色って抵抗ある人も中にはいて、次のおすすめは白地。

真っ白の帯なんて売っていないとはおもうけれど、白地に線がはいっていたりシンプルな模様が入っている古典的な模様の帯とかね。これもなかなかよい。

渋いのとか、青系とかもってきてもいいんだけど。やっぱりお祭りとなるも華やかさいれたいですよね。

みなさん暗い色を選びがちになるので、明度の高い帯。赤は、やり過ぎ感がでる。暗めの色は、ひたすら暗すぎるので、くすみの入った黄色、重宝します。

 







-浴衣
-

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.