戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

着物小物

ガラスドームを使った「ランプ蝙蝠」根付の作り方

更新日:

すでに勝手に命名しております「ランプ蝙蝠根付」ハンドメイドです。

img_0059

これを自作しました。作り方を載せますねー。

ハンドメイド根付の材料

チャーム
ガラスドーム
根付用のプレート(もしくは、プレートの代わりになりそうな長いチャーム)
チェーン
ビーズ
丸カン
ボンド
加工するためのヤットコ等

img_9929

主にチャームとして活躍するのが、この3つ

img_9930

ハロウィン近くなので、蝙蝠があったんです。そのほか、蜘蛛とかも着物には意外とあわせやすいです。羽根は帯に刺すプレートとして。流行りににってガラスドームとか買ってみちゃいましたよ。

「ランプ蝙蝠」根付の作り方

①ガラスドームにお好きにビーズをいれる。

img_9937

スワロフスキーのビーズが余っていたので、キラキラです。

img_9936

色やバランスをみています。

img_9938

ランプに見立てるつもりでしたので、黄色と透明を。

img_9935

②ガラスドームにいれるビーズが決まったら、ボンドでくっつける。

ちょんちょんと、均一にいい感じの量を塗ります。

img_9939

これ、接着剤で固めるだけなんだね。知らなかったよ。

img_9940

塗りすぎると、蓋をした時にあふれて汚れるし、少なすぎると外れたり強度が弱くなってしまうので、いい具合に頑張って塗ってください。

乾かします。

img_9941

乾ききっていないのにひっくり返してしまったので、ビーズのひとつが天井にくっついたまま固定されたのでお気をつけくださいな……。

③プレート代わりのチャームから、チェーンで蝙蝠チャームとガラスドームを配置する。

帯にひっかけてたらすので、チェーンはそこそこ長くても問題ありません。丸カンで繋げる。

img_9934

ちなみに、ガラスドームより蝙蝠が下か、上かで悩みました。
引いてみた時のバランスは、ガラスドームが上で蝙蝠が下の方がおさまりがいい気もしたのですが、

img_9933

蝙蝠が自由に舞っている物語的なのは、蝙蝠が上のほうがいいかな。

img_9932

この羽のチャームはそのまま帯に刺すプレートですので見えないのですが、せっかく上下で穴が空いているので、こちらはTピンで余ったスワロフスキーをつけた。

「ランプ蝙蝠」根付の完成

img_9952

ランプ近くを舞う蝙蝠というイメージなので、ランプ蝙蝠。流行りにのってガラスドームとか使ってみましたけど、かわいいね。

着物の時に、これを刺した画像があまりうまく撮れなくて……また、これ使った際にでもまたアップします。







-着物小物
-,

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.