戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

半幅帯

帯を前で結ぶ方法。適当ver 写真でわかりやすく解説。

投稿日:

帯を前で結ぶと、リュックを背負いたい時にとても便利でしたので、その解説記事です。

解説のために、洋服の上から着物をきていますので、少々ぼわぼわしております。
肖像権保護のために、被り物がとっても重宝します。ふふふ。

①リバーシブルの半幅の場合は、最初にどちらの柄を出すか決めましょう。

うす桃色のほうを表に出すことに決めました。

②柄を出したい側の裏側を表にして、右肩にかけてください。

右肩に柄をだすのと裏側の柄を表にして、かけてください。
この時、長さ10センチほどが後ろに垂れるようにしてください。

③帯板の高さにあわせて、柄をだしてくるくる巻いていきます

ここで、自分がだしたい柄が胴にでていればOK

くるくるくるくる。

実際は、帯にまわってもらうんではなく、自分が回るとまきやすいのですが、それをかくと訳がわからなさそうなので・・・まけりゃあいいんですよ。

↑これは3回まいたところ。

通常、帯は2回まきつけますが・・・帯を前で結ぶ場合ですと邪魔です。

そもそも帯を前で結ぶのは何故かというと、カジュアルに着たいから。気負わずに着物を着たいから。
着物用の鞄ももっているけれど、小さすぎて長財布すらはいらない。あくまでも、日常で便利に着るためにというスタンスです。なので、余計な装飾は省こうという魂胆です。

↑2回まいてみたところ、ものすごい長い。これを処理するのは大変。

↑ちなみに・・・2回まいた状態でも帯を折り返して短くしたらいけるかと試してみましたけど、なんか持て余す感がとてもあったので、あきらめました。

3回、帯をまいたらやっぱりいい感じですね。

④左側の帯を上にして、ギュッと結ぶ

ギュッと結びましょう。あ、そのまま離さないで!!

今、右に持っている帯はそのままおいていてくださいね。

左手に持っているほうの帯を胴の部分に入れこんでください。

↑右手にもっていた帯を広げてしまったので分かりにくいかもしれませんが、左手にもっていた帯を胴部分に押しこんでいる図です。

⑤結び目をかくすために、広げてて整えればできあがり

帯の一番、端っこを帯の胴部分に差し込んでください。

↑さしこんでいるところです。バランスをみてこの部分は調整してください。

あのですね・・・これでできあがりです。適当バージョンなので・・・これの文庫バージョンはまた書きますので!!

まあ、これじゃそんなに、かわいくございませぬ。

なんですが、あくまでも帯の結びに目をいかせないための措置としては、十分でした。これにリュック背負っていたら他にインパクトがあるので、全体のバランスはけっこうとれていた。

⑥帯の結び目はサイドへよせる

では、最後の仕上げも兼ねて、帯の下に指をいれて、掴んで帯の結び目をぐっとサイドに寄せましょう。

あれ、確認のために前にリュックで着物きたときの写真をみたら、ちょっと違いますねえ。

おそらく、帯の長さが短くて最後の工程を広げるだけだったようです。
ま、適当でも意外となんとかなるので、なんとかやってみてくださいな!







-半幅帯,
-,

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.