戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

半幅帯

帯を前で結ぶ方法。その解説記事2 今回はとっても小さな文庫バージョン

更新日:

帯を前で結ぶ方法。その解説記事2 今回はとっても小さな文庫バージョン

前回のと、手順が一緒のところは同じ文章&文字を使いまわしております。

①リバーシブルの半幅の場合は、最初にどちらの柄を出すか決めましょう。

うす桃色のほうを表に出すことに決めました。

②柄を出したい側の裏側を表にして、右肩にかけてください。

右肩に柄をだすのと裏側の柄を表にして、かけてください。
この時、長さ10センチほどが後ろに垂れるようにしてください。

③帯板の高さにあわせて、柄をだしてくるくる巻いていきます

ここで、自分がだしたい柄が胴にでていればOK

くるくるくるくる。

実際は、帯にまわってもらうんではなく、自分が回るとまきやすいのですが、それをかくと訳がわからなさそうなので・・・まけりゃあいいんですよ。

 

 

④左側の帯を上にして、ギュッと結ぶ

前回から一部、はしょりましたがここまでの手順は一緒です。

あ、まだ右手を離さないで。左手は離してもOK

⑤リボン部分を作っていきます

右手の帯を内側に折り返してください。

折り返したら、下の図のように前に持ってきます。

リボンのクシュっとした感じを手で作ります。
Wの形に折っていくと綺麗に文庫のリボン状になります。

これが、そのままリボン状の結びになりますので、大きさの調整は今してくださいね。
帯の前で結ぶことを前提ですので、私がこれをするときは小さめにするのが好きです。

⑤リボンの結びを作ります。

左手に持っていた帯が下にたらーんとありますでしょう。
今からそれで、文庫結びを完成させていきます。

(写真では、少々乱れていますが)綺麗に3つ折か、4つ折くらい帯を細くしてください。
それを上にあげる。

上にあげた帯を胴部分にいれこめば完成です。

通常の文庫結びを、できる限りコンパクトにして作ったらこれになります。

小さなリボンがぽこんと帯にのっている感じがかわいいですね。

前回の適当結びとは可愛さが段違いです。







-半幅帯,
-,

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.