戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

着物まわりのハンドメイド

②着物ポンチョの会が発足!丈の長さ調整などで着物コートの仮縫いまで

更新日:

自作の着物コートの制作は、友人のるぅさんの頑張りで進んでいます。

着物ポンチョを型紙を無視して、布をカットせずあえて大きなサイズで持ってくてくれました。

ポンチョを羽織って、その場で裾と丈の仮縫いをしてくれました

首回りの襟が固定できないと、キチンと羽織れないようでしたので、仮留めでこのあたりかな?と、模索しつつスナップボタンをつけてくれました。

襟だけとめた状態の写真を撮り忘れてしまったのですが、ものすごくだらんだらんとしていて、砂漠のジプシーコスプレみたいでテンションが上がりました。

袖の部分を腕の長さにあわせて仮縫いをしたところ

ちくちく、ちくちく。

横からみたら、こんな長さ。手首あたりであわせてもらいました。

こんな一発芸ができます。

後ろの丈も調整して仮縫いをしてもらった

また、ちくちくちくちくちくちく。

長いのよりも、ショートコートがよかったので、だいぶと短く仮縫いをしてもらいました。

るぅさんが、買ってきてくれた布なのですが、もともと『地の目ゆがみ』と記載されてあった布でした。それ故にお手軽なお値段。

まっすぐに縫ったら、布のゆがみの影響で曲がるという曲者な布。

それを聞いて、ちょっと大丈夫かなぁ?と、心配したのですが、羽織るとシルエットがアシンメトリーになる楽しい影響。

アシンメトリー好きなんです。

before

after

この時点では、布をおって仮縫いしてあるだけで、カットはしていません。

「重みで今のおもしろい形になっているけれど、切ったら軽さがでるとおもう。切らずにこのままでもいいかも」

こう言われたのですが、切らないと襟に使う分の布がないし、切ってもらうことにしました。ですので、仕上がりはまた微妙にシルエットが変わるかとおもいます。

仮縫いをしてもらっての感想

目の前で、シルエットが変わっていくのをみるのは、魔法のようでした。

いくら、完成図の話をしていても、実際に自分の目でみないとわからない。

イマイチ、ピンときていないこともありましたが、その場で羽織ってニヤニヤし「こうしたい!」と、伝えるとその通り徐々に形ができあがる。とても楽しい時間でした。

型紙でのなんやかんやはコチラ。

 







-着物まわりのハンドメイド
-

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.