戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

美容

雑にあつかうと、雑な肌になる。お嬢様になりきって丁寧に美容をがんばるのがいいよ!

更新日:

人様の肌をみる仕事をして思ったこと。

肌のタフさというのは個人差があるものの、自分を雑に扱っている人はキメが乱れていた。

あとね、愚痴や恨みまじりも混ざっているのは否定できないけど、人あたりが悪い人、性格が悪いババアのキメがない率の高さよ!!

ナゼ性格の雑さ、荒さが肌の荒さに繋がるのか、私なりの推測。

性格が悪い→
人の気持ちを慮ることが苦手で、雑な言動をする→
雑な言動は人にできていなければ、自分に対しても雑になる→
化粧水塗るのひとつだって「私はこうしてきたから!」と、バシバシ叩き込む→
自分で肌を酷使してキメがなくなる。

付け加えると、数字がシビアなところで勤めていたのでこういう美意識の極端に低い方に時間をかけたくないので、長話をすることはない。

本当に、めんどくさくて嫌な、おば様たちの多いことよ!

早く帰ってもらうようにもっていくし、そもそもこっちだって、血の通った人間だもの、嫌な人とは喋りたくないから「はい」しか言わなくなる。

でもそういう人は、頭が固いので人の話を聞かず「これからは、こうしたほうがいいと思います」というアドバイスをして、もそもそも聞いていない。

おっと……

こういう怨恨はいらぬのだよな。

話を戻しますが、肌をきれいに育てようと思ったら、基本はこうです。

丁寧に。
自分に興味をもって、鏡をキチンとみる。
そして、日々、美肌になることを地道に習慣にしてしまうこと。

正直、悩みとかあったら美容クリニックとかで全部解決できる。お金さえ糸目をつけなければね。
だけど、美容クリニックはけっこう高いし、よくわからないから調べることもしない人がほとんどですよね。

美容にそこまでお金や、時間のコストをかけていられない!って方も多いとおもう。

美容って、興味ある人は意欲がものすごいけれど、一般の人ってびっくりするくらいお金と手をかけていない人がいるのビックリしたな・・・

若い方でも、美容の手をぬいている人は多くいます

普段のお手入れはどうされていますか?の会話にて

「無印の化粧水をつかっています」
「それ以外は?」
「だけです」
「えっ」

これは、若い方でした。
聞くと、最近こういう無印の基礎化粧品を使っている若い人は多いとは、部署の違う美容部員さんに聞いたな。

(無印が悪いとかいっているわけじゃないですが!)無印は一旦、おいといて。
化粧水だけしかぬっていないってのは、やっぱりやめとこうよ。

最近の基礎化粧品類はとても優秀なので一概にはいえませんが、やっぱり水にとけこませる成分なんてたかが知れているのです。化粧水を塗ればOKなんてのは基本的にはナイと思ってもらえればいいです。

水は、蒸発する時に一緒に肌の水分も奪ってしまうから余計に乾燥したりもするよ。

ですが、若い人は肌の回復力が高いんですよね。

自分で肌を傷めるようなことをしていても、若さでカバーできてしまう。

確か、肌を拡大して画面上でみていると乾燥が気になる感じのお肌をしていましたが、対面でみたらきれいには見えたので、まあ、いいっちゃ、いいんだろうな。

では、肌をきれいに保つにはどうしたらいいか。

丁寧に!!!

あの、ほんとにこの一言につきます。

もちろん、いいスキンケア用品を使うことも大事なんだけど。
どんだけいいモノを使っていたとしても、物理的に肌を削ってしまってたらなんの意味もない。

なんの意味もないけれど、本当にそれをしている人の多さ。

いっそ、何も塗らずに手をかけないほうが、肌を摩擦から救うことができるから何もしないほうがいい。

自分に興味をもって、何が足りていないか。
自らをお嬢様とおもって(姫でもいいし、楊貴妃でもいい)お嬢様である自分のためにできることを、丁寧にやってあげると、いい肌になっていくはずです。

少なくとも、キメがない!なんで!なんてことは起こりませぬので全国のお嬢様方、ゆるやかにおきばりやす。







-美容
-

Copyright© 戦う着物ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.