戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

着物コーディネート

藍色紬の帯あわせが難しかったお話。

投稿日:

紬、渋くてすてきですよね。

なかなかメンズライクなものが多く、たいへん私の好みにもあっており悩んだ末、袷(あわせ)
紬を買いました。

柄が紅葉なのが気になったところですが、よくみたらなにかの花も描かれてあるので、秋限定ではないと信じてる。

紅葉だけでも、きっと冬場も着るだろうけど。

ですが、この紬、曲者。

どの帯をあわせても「似合わない!」

ネットで検索したところ『紬は普段着』『格が~というより、カジュアルな域』だそうです。

それを信じて手持ちの帯をあわせて、着物友達の着物ブログかいてるりおちゃん&文具ブログかいているるぅさん が着物をきる友人なのだけれど。
2人に着物と帯をあわせてみた写真を送りつけてアドバイスしてもらいましたが……。

どれも、これも似合わない!

と返されました(´ཀ`」 ∠)

辛い……。

唯一、その時に送ったのでギリセーフだったのは光沢のある薄ピンクの帯。

これこれ、こんな感じ。

それでもオッケーな○ではなく、△くらいのレベル。くそぅ。

これまたネットで画像検索をかけますと、紬の黄金パターンは白っぽい帯。それも半幅とかでなく少しお高めキッチリみえるものが正解のようでした。

確かに、引き締まってはいるが馴染んでもみえる。変に帯だけ悪めだちとかもなく。

うぅ……そんな帯持ってねーし、この紬のためだけに帯買うのも嫌よ?!

と、もどかしく思っていました。後日、紬を着て出かけたのですが、やっぱり帯選びに悩みました。

無難そうな薄ピンクもいいけれど……。

紬に、光沢のある青の帯を選んでみたところ好評でした

この紬を着る機会がありました。この日あう人に、ふざけた鶏帯を好きそうな方がいらっしゃって、次いつあうか分からないし、似合ってなくてもいいや!と、ネタ半分で結んだ帯。

すこし光沢のある、完全なカジュアルと言い切れない格がほんの少し高い印象との相乗効果で、めっちゃあってました。

紬の青に、青い帯って地味そうと思っていたのに。

あまり、同じ色を重ねる着こなしをしたことがありませんでした。派手すぎなもんで。

この日、ヒールをあわせたので、足元は少し短くきました。

ちょっと、帯の尻尾が跳ね上がっちゃってますが、見逃してください。

でも、これがめっちゃ褒められましたし、鶏帯は周りの食いつきがとてもよかったです。

前にヒヨコで、後ろが鶏なんです!といったときの女子のテンションすばらしいw

防寒対策もそれなりにしっかりやっていきました

ヒートッテック、アームウォーマー、タイツにヒール!本当の寒さ対策なら、ヒールよりはブーツの方がいいとはおもいます!

ちなみに、今ファンキーな髪型なんですが、ヘアスタイルふくめて全体的にルールを無視して着ています。

帯は、布がものすごく重なっている部分なので、むしろ暑いくらいでしたので、末端部分の冷え対策だけで十分な気はしました。







-着物コーディネート
-, , ,

Copyright© 戦う着物ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.