戦う着物ブログ

戦うつもりなどないのに、着物は時に戦いだった。着物初心者が、日常で着物を楽しむブログ。ときどき美容も!

日々のこと

たまには占いでもいって、自分と向きあうのもいいよ

更新日:

占いは、考えをまとめて整理するキッカケとしています

何年か前から、手相をみてもらったことを契機として、年のはじまりに「今年、一年間の運勢」をみてもらうようになりました。

「占いみてもらった」というと「占いってあたるん?」と、よく聞かれます。

あたります。

あたるという言葉は、ふさわしくない気もします。占いってあたるのか?と、懐疑的な人は、友達の占いを横で何度か聞いてみるといいです。

「そうそうそうそうそうそうそう、そうなんです!」と、心の中で激しく賛同することとなるから。

なぜ、人の占いかというと誰しも、自分のことを主観抜きでみることができない。完全に客観視できないので、仲のいい友人といくといいとおもいます。

仲のいい友人の占いを横で聞いたことが数度ありますが・・・

着物は好きだがきてない、るぅおねーやんの占いを、ちゃんと着物をきている、りお氏と私が横で聞いていたことあった。

我々いもーとずが、普段からるぅさんに対して「それはこうじゃないの?」と、言っている類のことを、占い師さんが、ものすごく綺麗にまとめて改めて言いなおしていた。

るぅさんを真ん中。いもーとずがサイドで心の中で激しく「そうなんです、そう!」と頷きまくっていました。

心の中だけでは飽き足らず、占い師さんが「あなたはこうだから〜」の返事に、占われている本人ではなく、りお氏が「そうなんです!」と、答える場面あり。

なんかもうね。その場にいると、当たっている当たっていないとかじゃなく・・・

普段から本人をよく知っている人がめちゃくちゃわかりやすい言葉で、状況と心境などを本人に代わって話しながらの整理をものすごくしてくれる!

ちなみに、別の友人との占いを横で聞いている時もこんな感じでした。「そう!そうなんです!」と激しく同意しておりました。

浴衣で占いに行ってきましたよ。まずはオーラ写真を撮ってもらいました

これは、オーラを写真に撮ってくれるもので自分のオーラの色がわかります。
黄色と、少し青でした。

詳しく話しを聞くこともできたのですが、それは割引になって5000円……いいっすわ。オーラ写真を撮るだけは1000円。

一度、見てもらいたかっただけなので、これでいいのです。けれども、これもじっくりと話しを聞くとじっくりと、お高い値段に見合ったもののように思えました。

カード占いをしてもらいました

個人的には、こういうカード占いとても好きです……!

ですが、占いにガッツリのめり込むタイプでなく、とりたてて悩みとか、これを聞きたい!!という意気込みがまったくありません。

ふわっとした感じで挑んでしまうんですね。

手相は別として、ふわっとした感じで占いに臨むとどうなるかというと『占い師さんを困らせる』

特に、このカード占いですが……聞きとりとしてのカウンセリング要素も少しありまして、この迷宮のカードだけど、出口は近いとおもう?など、無意識からのアンサーを引き出すようなこともしてはったのです。

えええええええええぇぇっっっっっっと……。

ううぅぅぅんんんんっっっっと……(やべえ)

始終こんな感じで、お互いに困ってしまいました。占いに挑む心構えをして、明確に聞きたいことを絞っていくことを頑張ろうかな……?

まとめ

まあ、うだうだと書きましたが。

時々、迷ったり。不安だったり。変化がなさすぎて退屈だったり。暇だったり。
軽い気持ちで行かれてみてはいかがでしょうか。

もし、当たらなくても、まあエンターテイメントとして楽しめばいいだけの話ですし。

なんだか、自分の向かうべき方向性があっているのかな?と、モヤっとした時にこういうことを活用されるのも手だと思います。アメリカとかだと、カウンセリングを受けることが感覚的に普通になっているので、こういう心のサポート体制はけっこく整っているのですが、日本だと、えっ?となったりしますから。

占いでなくとも、カラーセラピーなど、自分の心を向きあう時間ってあんまりないんですよね。知らないうちに、心を置き去りにしてしまうような人ってけっこう多いと思います。

他人が語る「自分」と向きあうのよいです。
(ちなみに、その占い師さんが信用できるかは仲のいい友達を連れていくとバッチリわかります。友達が、自分の代わりに「そうなんです!」とか言ってたらよい人だと思いますよ!)







-日々のこと
-,

Copyright© 戦う着物ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.